報道しない自由?

高部あい逮捕、テレ朝“完全スルー”の怪! 「オスカーとの関係悪化恐れた」と大ブーイング

takabeai.jpg
「稲垣メンバー」に次ぐ不気味さ

 高部あいの突然の逮捕に、スポーツ各紙はこぞって続報の報道合戦を繰り広げている。麻薬取締法違反での逮捕同日に、専属契約を打ち切った元所属事務所・オスカープロモーションは、高部と親交のあった同世代のタレント数人に“緊急指導”を行ったという。ところが報道が加熱する一方で、同プロと関係が深いあるテレビ局内では、“報道しない自由”という選択を取ったことから、関係者の間で物議を醸しているという。

「大手プロの所属タレントで、最近もテレビに出ていた高部の逮捕には、大きな衝撃が走りました。オスカー関係者も一同青ざめており、『担当マネジャーは更迭では済まないかもしれない』とささやかれています」(芸能プロ関係者)

 そんなオスカーと「最も関わりが深い」とされているのが、オスカータレントの出演ドラマを多数放送するテレビ朝日だという。

「逮捕の第一報が出た当日、局編成部から『高部逮捕は一切放送してはならない』というお達しがあったそうです。当然、他局もオスカーとは付き合いがあることから、なかなか報道しづらい面もあるでしょうが、第一報さえ出さないのは異常事態。オスカー所属の米倉涼子主演『ドクターX~外科医・大門未知子~』をはじめとしたヒットドラマに加え、高部本人が現在放送中の関ジャニ∞・錦戸亮主演『サムライせんせい』に出演していたなど、テレ朝が自主規制に走った理由はわからなくもないのですが……」(スポーツ紙記者)

 民放キー局のみならず、NHKさえ第一報を報じた高部の逮捕だが、テレ朝は報道の自由以上に事務所との関係性を重視したようだ。

「さすがに米倉や上戸彩が逮捕されれば、編成ストップを押し切ってでも報道したことでしょうが、高部の知名度がそこまで達していないのは事実。しかし一番の理由は、やはりオスカーとの関係悪化を恐れたのでしょう」(同)

 また、テレ朝は「とにかく事件や裁判など、ダーティーなイメージを嫌う局。他局には出演している民事訴訟中のタレントでも、テレ朝からは基本的にオファーは一切出しません。だからといって、事件自体をスルーしてしまうのは、さすがにメディアとしてどうなんだ、という気もしますが」(テレビ朝日関係者)

 かつてSMAP・稲垣吾郎が逮捕された際には、テレビ局が“稲垣メンバー”という呼称を用いて批判を浴びたものだが、事件自体の報道さえ見送るそのスタンスには、テレ朝内部からも疑問の声が噴出しているようだ。

ヤケクソ編集も『サムライせんせい』の見所に

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  5. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  12. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  16. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  17. GENKING、元カレ質問で大失態
  18. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 煙たがられているゴリ押し若手女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. テレビとギャップありなジャニーズ

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー