デキ婚=「速度違反」と呼ぶそうです

K-POP史上最年少で“デキ婚”!? 21歳で電撃婚した元U-KISSドンホの評判

ukiss.jpg
『Bran New Kiss』/avex trax

 10月27日、6人組男性アイドルグループ・U‐KISSの元メンバー、ドンホの電撃結婚が韓国で大々的に報じられた。お相手は1歳年上の一般女性で、11月28日に挙式予定。1年半の交際を経てのゴールインだが、21歳という若さで結婚を決意したドンホに驚きの声が上がっている。

 2008年に、U‐KISSの最年少メンバーとしてデビューしたドンホ。キュートなルックスと末っ子キャラで愛され、日本でも多くのファンを獲得していたが、13年10月に突如脱退。所属事務所は脱退の理由を「本人の芸能活動に対する意志が弱くなり、歌手活動に適さない体力と健康状態にある」と説明し、そのまま芸能活動は休止状態に。

「脱退したとはいえ、ドンホの結婚は韓国のアイドル史上最年少といわれています。1994年6月生まれなので、21歳になって半年もたっていない年齢での結婚は、K‐POP界に限らず、韓国芸能界の中でも珍しいと思いますよ。昨年12月にSUPER JUNIORのソンミンが女優のキム・サウンと結婚しましたが、アラサーに突入した28歳でのこと。ガールズグループまで言及すると、13年にWonder Girlsのソネが23歳で結婚した際は、アイドルでは最年少と騒がれましたが、ドンホはそれを塗り替えることになります。『もっと早く結婚したかったけれど、両親に止められた』というドンホのコメントから察するに、よほど彼女を愛しているんでしょうね。実際、マスコミの取材に対し、ストレートにノロけていますし」(現地芸能記者)

 しかし、「もっと早く結婚したかった」というドンホの言葉は、さまざまな憶測を呼んでいるようだ。韓国のネット上には、「こんなに早く結婚するなんてびっくりだけど、おめでとう!」という祝福の声もある一方で、「急いで結婚しなければいけないのは、子どもができたから?」と勘繰る声も多い。

「2年前から芸能活動は休止状態なので、結婚は事後報告で済ませる予定で極秘に式の準備を進めていたようですが、マスコミに漏れてしまった。最初の報道では、『恋人は妊娠中』とされていましたが、本人は肯定も否定もしていません。韓国ではデキ婚のことを“速度違反”と呼んでいますが、芸能界では近年、この“速度違反”が急増しているんです。それもあって、ドンホの結婚はどうしても注目されてしまう。もし恋人が妊娠していたら、アイドル出身では最年少のパパになるわけですから」(同)

 U‐KISSを脱退後、2年ほどDJのプレイスキルを磨き、今年から「Rushin’ JUSTIN aka. Dong Ho」の名前で、韓国をはじめ、日本やタイなどでDJとして活動しているドンホ。若くして家族の大黒柱となる今後は、本格的な芸能界への復帰もありえるかもしれない。

マンネが突然お父さんになるってどんなキャラ変……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー