早くも別居危機!? 堀北真希の“異常な潔癖症”に山本耕史が悲鳴「台本が頭に入らない」

horikita1029.jpg

 8月に「交際0日」で電撃婚した堀北真希と山本耕史に、早くも“別居危機”がささやかれ始めている。芸能記者が声をひそめて明かす。

「堀北の“潔癖症”に、山本がついていけなくなっている。交際期間がなかっただけに、彼女がどういう性格なのか知らないまま結婚したため、“異常”ともいえる行動に困惑しているようです」

 堀北といえば、制服のままベッドに座った同級生を突き飛ばしたエピソードの持ち主。家ではジャージ姿でいても、そのジャージは常にビシッとノリがついているほど。

 結婚後、トーク番組に出演した山本が、堀北が1日3回も洗濯をするため水道代が跳ね上がり、水道局の人から水漏れを心配されたことを明かしていたが、この時はまだ“ネタ”にできる余裕があった。

「ところが、生活を共にするうちに、山本のストレスも激しくなってきているといいます。チリひとつ許さない堀北とは対照的に、山本は部屋が汚くないと落ち着かないタイプ。独身時代は昔の台本や映画のパンフレット、趣味の骨董品などがあちらこちらに散らかっていて、そういう雑然とした環境でないと台本が頭に入ってこないんだそうです」(同)

 性格も、山本は仲間内とワイワイ騒ぐのが好きなオープンなタイプ。引きこもり系の堀北とは、真逆ともいえる。

 早く山本が堀北に“適応”できなければ、本当に別居なんてことも……?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク