スピンオフ作品制作が大混乱!

有村架純、『アイアムアヒーロー』出演をドタキャン!? 「あり得ない」とスタッフ激怒!

2015arimurakasumi.jpg
『K.A. kimamani Arinomamani』/ポニーキャニオン

 花沢健吾原作の人気コミック『アイアムアヒーロー』(小学館)劇場版に、ヒロイン役で出演する有村架純の“ドタキャン騒動”が物議を醸しているという。主演の大泉洋や長澤まさみも多大な迷惑を被り、スタッフのピリピリムードもピークに達しているようだ。

「本編となる映画は来年公開予定となっていますが、実は並行してスピンオフ作品の制作も行われているんです。このスピンオフ作品は、7月にクランクイン予定だったんですが、有村のスケジュールの都合で撮影が延期に。ただ、話はそれだけで終わらず、ようやく撮影が開始できるとなったところで、なんと有村サイドが出演辞退を申し出てきたんです」(制作会社スタッフ)

 2013年の朝の連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)出演以降、『ストロボ・エッジ』や『ビリギャル』と、次々と映画主演を飾り、いまや若手人気女優の筆頭に急成長した有村。それでもこの“ドタキャン”は、あり得ない話なのだという。

「主演でもない若手のスケジュールに振り回されるというだけでも、異例の事態。その挙げ句にドタキャンとあって、関係者はみな怒り心頭ですよ。本編との整合性のため、別キャストを用意するわけにもいかず、脚本を大幅に変更して長澤の出演シーンを増やすなど、苦肉のテコ入れが行われています」(同)

 『あまちゃん』終了後、世間の注目は主演の能年玲奈に集中していたが、一方で有村は「仕事を選ばない優等生」として、徐々に業界評が上がっていったという。

「いまや映画のヒロインを選定する際、いの一番に名前が挙がるのは有村というほどの人気ぶりですが、ここへきて仕事を選ぶようになってしまったそうです。『あの子は最近調子に乗っている』という、テレビ局プロデューサーのぼやきも聞こえてきます」(芸能プロ関係者)

 有村が抜けた穴を埋めるため、制作陣は肉体的、精神的両方の面で甚大な被害を被っているようだ。順風満帆だったはずの有村の芸能活動に、水を差す結果とならなければいいのだが。

能年玲奈はスケジュールガラ空きみたいよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 新春ジャニオタ放談
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 『カウコン』意外な舞台裏
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー