aikoよ、何を思う

「結局、男は若い子が好き」星野源、二階堂ふみとの“13歳差”交際報道にファン嘆き!

nikaidouadaruto.jpg
『アダルト 上 二階堂ふみがきいた大人の話』(マガジンハウス)

 ミュージシャンで俳優の星野源と女優・二階堂ふみの交際が、「日刊スポーツ」に報じられた。2013年公開の園子温監督作『地獄でなぜ悪い』で知り合い、今夏公開されたウェブ動画の再共演をきっかけに距離を縮め、交際に発展したという。

 星野はSAKEROCKとしてのバンドやソロ活動、また映画『箱入り息子の恋』などで俳優としても高く評価され、現在放送中の連続ドラマ『コウノドリ』(TBS系)にも出演中。二階堂は、映画『ヒミズ』でヴェネツィア国際映画祭の新人賞を染谷将太とともに獲得し、その後も『私の男』『味園ユニバース』など多くの作品に出演する若手女優。どちらもサブカル系の若者に人気があり、ビッグカップルの誕生となった。

「星野といえば、11年に熱愛が発覚したaikoが思い出されます。まだそこまで売れていなかった頃の星野を支えていたようですし、何より星野がくも膜下出血を患ったときに一番近くにいた女性。ゴールイン間近ともささやかれていました。また、見た目も雰囲気もピッタリで、両ファンとも交際を快く思っていたようで、二階堂との報道に星野ファンはショックを受けています。特に、星野が34歳で二階堂が21歳という13歳の年齢差が気になったのか、『二階堂、若すぎて嫌だ』『若い子と付き合うと、急におじさんに見えるのはなぜだろう』『結局、男って若い子が好きなんだよね』とガッカリしているようです」(週刊誌記者)

 一方、二階堂は12年に『ヒミズ』で共演した新井浩文との交際が報じられていた。焼肉デート報道や、新井が左手薬指に指輪をはめて映画のクランクアップ会見に臨んだりと、交際は至って順調のようだったが……。

「昨年、二階堂の多忙を理由に別れてしまったと聞きます。慶應義塾大学入学し、女優業もノリに乗っていますからね。破局当時新井は35歳でしたし、結婚も視野に入れていたはずですが、まだまだ女優として上を目指す若い二階堂とは、意識の違いがあったのかもしれません。破局後の今年2月には、OKAMOTO’Sのドラマー・オカモトレイジとの“朝までデート”を報じられたこともあり、ネット上では『サブカル系肉食女子』といわれていますよ」(同)

 星野の所属事務所は「プライベートのことは存じておりません」、二階堂の事務所は「仲の良い友人の1人です」とコメントを発表したが、果たして2人の交際の行方は――?

星野レベルじゃ全然満足しなさそうな面してるけど

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!