自意識は女優だったそうです

本田翼、“覚せい剤逮捕者”の難役に「大爆死ある」! 「女優やってなくていい」発言も批判殺到

terminal2015.jpg
映画『起終点駅 ターミナル』公式サイトより

 本田翼が、自身の出演する最新映画『起終点駅 ターミナル』(11月7日公開)のPR活動を展開している。同作は、俳優・佐藤浩市との初共演作品として話題を呼んでいるが、某ニュースサイトのインタビュー記事での本田の発言に、世間は納得しかねているようだ。

 映画『起終点駅 ターミナル』は、誰にも裁いてもらうことのできない罪を抱えて生きる弁護士の完治(佐藤)と、完治に弁護される覚せい剤事件の被告人・敦子(本田)が出会い、再びそれぞれの人生の一歩を歩き始めるという感動ストーリー。本田といえば、映画『アオハライド』のようにハツラツとした女子高生など等身大の役が多かったが、今回シリアスな役柄に初挑戦ということで、注目が集まっていた。

「本田はインタビューで、佐藤との初共演について『この年齢で佐藤浩市さんとご一緒できたことはとても名誉なことだと思います』と発言しました。しかし、その後『10年先20年先のことはまだ考えられない』『女優をやっていなくても、それはそれでいいと思っている』と語り、ネット上では『自分が女優だと思っているのか?』と批判が殺到。本田は『Seventeen』『non‐no』(ともに集英社)のモデルというイメージが強く、女優としては『ダイコン』『演技力なさすぎ』などとネットユーザーから批判されているだけに、女優然とした発言に、疑問の声が多数上がってしまったかたちです」(芸能ライター)

 ほかにもネット上では「え、女優だったの? 知らなかった」「こんな感じでは、ほかの新人にすぐに追い抜かれる」「女優はやらされてる感じがするもんな。向上心はないということか」「可愛いだけならごまんといるし、芸能界なんて使い捨ての世界。今辞めといた方がいいかも」など、本田の女優業に対する姿勢に、批判的なコメントが見受けられた。

「同作は、本田が今まで出演してきた青春ドラマや映画とは180度違う内容なので、10代のファンが劇場まで足を運ぶことはそう滅多にないと予想されます。さらに、佐藤のファンである女性たちは年齢層が高く若手女優の演技には厳しいと思うので、公開後の映画レビューや興行成績が見ものですね。“大爆死”の可能性もありますよ」(芸能記者)

 7月期に放送された本田ヒロインの連続ドラマ『恋仲』(フジテレビ系)では、高視聴率ドラマを何作も輩出した伝統の“月9”枠であるにもかかわらず、平均視聴率10.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、視聴者からは演技力のなさを突かれるなど、まさにジリ貧状態の本田。新境地となる『起終点駅』では女優としての真価が問われることになりそうだが、果たして――。

本田翼から「人生に迷ってる」感をキャッチしたことない

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  7. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム