江戸の性は大らかなのに

欧米のバイブが日本より洗練されている理由 デザインの違いは歴史にあった

vibrator.jpg
Photo by Franca Gimenez from Flickr

 イソップ童話『金の斧と銀の斧』のように、「エレガントなデザインの海外製バイブと、男根を模したゲスい形の日本製バイブ、あなたが使いたいのはどちら?」と問われたら、多くの女性は前者を選ぶでしょう。どうせ所有するなら、また体内に迎え入れるなら、すてきなものを選ぶのは至極当然。「グロテスクなものを挿れている私」に性的興奮を覚える女性がいるにしても、それが不快感、痛みをともなうものとわかれば考え直しそうです。

「海外製=美しい」と「日本製=ゲスい」などとざっくり二分しましたが、現在は国内でもデザイン性の高いアイテムを提案するメーカーが増えています。でも、そうでないものが依然として多いのも事実。「男根型で、なぜか先端には顔があしらわれていて、パール大の球体がいくつも連なってぐるぐる回転する」昭和的なバイブが、いまだ量産されています。

 一方、スウェーデン、ドイツ、カナダなどの欧米各国には、バイブの「ブランド」があり、それぞれがデザインやコンセプトで独自色を打ち出しています。見た目がいいだけでなく、高品質。女性の身体への安全性がすみずみまで考慮されています。

 欧米のバイブと日本のバイブ、どうしてそんなに差があるの……? 答えはその起源、およびセックス観にありそうです。

■ヒステリーを性器マッサージで治療!?

 映画『ヒステリア』(日本公開2013年)のキャッチコピーは、「英国ヴィクトリア朝の仰天実話に基づく、世界初! 女性のための“大人のおもちゃ”誕生秘話」でした。キワモノ映画ではありませんよ。女性の性の自立と社会的自立をリンクさせつつ、ラブコメ要素もありのさわやかな娯楽作品です。

 当時のヨーロッパでは、女性がイライラしたり、落ち込んだり、倦怠感を覚えたり……いまでいう〈不定愁訴〉はすべて子宮に原因があると考えられ、〈ヒステリー〉と呼ばれました。ギリシャ語で子宮を意味する語〈ヒステラ〉からきています。「女がいっつもツマラナイことで悩んでいるのは、子宮のせいだ!」と決めつけられていたのです。

 それに対する治療法とは、性器をマッサージして子宮をなだめること。イライラしたら婦人科でお医者さまにアソコを刺激してもらえばいいのよ。それでイケれば、気分もスッキリ! ……なんてことが大真面目に行われていた時代だったのです。

 アメリカの研究者・レイチェル・P. メインズ氏は、著書『ヴァイブレーターの文化史』(論創社)で、こうした心身の不調を招いているのは、〈女性の性欲についての誤解〉と推察しています。夫婦生活においては娼婦のように積極的な性行動を期待されつつ、表向きは性欲などないものとされていた女性たち。その矛盾に対する葛藤――それこそがヒステリーの正体だろう、と。女性に性欲があったとしても、それは男性にペニスを挿入されることでのみ解消されるべし、と長らく信じられていました。マスターベーションはタブー中のタブー! 当時の女性の生きづらさたるや、いかばかりか……。

 性器へのマッサージは性欲解消ではなく、ヒステリーに対する応急処置です。その担い手は、医師や産婆でした。「女がイクのは男のペニスで!」以外の発想がない世の夫たちは、パートナーの女性器を手で刺激なんてしません。かくして、男性医師が医療行為として黙々と刺激することになりました。当時の医師といえば超エリートの知識人。エロいなんて考えない! とは言い切れませんが、実際、その医療現場で淫らなことが行われたといった記録は一切なく、むしろ女性たちが安心して通院していた様子がうかがわれるようです。

デフ・レパードじゃない方

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク