[ジャニーズツッコミ道場]

完全に消滅した“非商業用”ジャニーズアイドル・NYC、トンチキ美と不思議を振り返る

nyc01.jpg
オタ専ならぬジャニー専アイドルという愛おしさ

 ジャニーズ事務所の公式サイト「Jonny’s net」「Jonny’s web」のリニューアルがこのほど行われ、ファンの間で話題になった。そしてこれを機に、完全に消滅したグループがある。

 ジャニーズ史上最も社長に愛され、その一方で世間にスルーされてきた、珍妙かつ美しくも悲しきグループ・NYC。世間は完全に忘れているだろうが、彼らがいかに特異な存在だったかを振り返りたい。

〇誕生の不思議
 メンバーは、ジャニーさんのスペオキ・中山優馬と、Hey!Say!JUMPと兼任になる山田涼介と知念侑李の3人。もともと中山とJr.内ユニットの「B.I.Shadow」(高地優吾、中島健人、菊池風磨、松村北斗)とで「中山優馬w/ B.I.Shadow」が作られ、そこにHey!Say!JUMPの山田・知念を加えて「NYC boys」となり、「バレーボールワールドカップ」のスペシャルサポーターを務めた。

 だが、その後、B.I.Shadowが外され、中山、山田、知念の3人組になる。強引かつ不思議なグループ編成の経緯により、ジャニーズファンには反感を持たれ、一般には『NHK紅白歌合戦』4回連続出場で、毎年「誰?」と言われ続ける運命を背負わされる。

〇活動の不思議
 社長の寵愛を受けすぎたために、「商業用」というより、社長個人の「趣味的」活動が中心。そのため、本人たちが切望した目標「コンサートをすること」は一度も叶わず、こどもの城での親子限定イベントや、幼稚園・保育園への楽曲無料貸与など、謎の活動が続く。

 ちなみに、当初4人として発表された「ジャニーズWEST」が、中山の働きかけもあって3人追加メンバーが加わったことや、中山が『ザ少年倶楽部』(BSプレミアム)に出演した際、中山の希望で関西ジャニーズJr.たちがバックに起用されたことなど、中山は「スペオキ」の権力を常に他人のためばかりに使ってきた。だが、自分自身の願い「NYCでコンサートをすること」だけは最後まで叶えられなかった。そして、2013年の写真集・NYC 1st PHOTO BOOK 『COLORS』(ワニブックス)を最後に無期限活動停止状態に。

◯楽曲の不思議
 一説には「Hey!Say!JUMP本体より売れてはいけない」という暗黙の了解が事務所内にあったともウワサされるが、初期の楽曲はアイドル王道路線だったのに、途中からは犬の散歩と恋物語の奇妙なワルツ(『ワンダフルキューピット』)やお祭りの歌(『ハイナ!』)など、摩訶不思議なトンチキソングばかり与えられた。山下達郎がNYCの歌声を聞き、楽曲を提供してみたいとラジオで発言したこともあったが、結局実現しないまま。

★★NYCのトンチキ美を、テレビ出演&DVDから振り返る!★★

●『ミュージックステーション』(11年3月18日放送)
 震災後に急遽放送された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で「勇気100%」を披露。冒頭では上下白い衣装で登場したにもかかわらず、歌のときにはわざわざ地味な白Tシャツ+パツパツのブラックデニムに着替えて登場し、やや潤んだ瞳と硬い表情で、ミスマッチな明るい曲を全力で歌い・踊る様子が、ネット上では「この曲って、こんなにいい曲だったっけ……?」「勇気100%って今までなんとなく聞いてたけど、よく聞くとすげえいい歌だな……」などと絶賛された。なかには、「幼いっていうか、曲とダンスがマッチしてなくてウケたけどなぜか泣けた」「技術とかビジュとかを超えたものはちょっとあったと思う」などという意見も。

●最高に可愛く恥ずかしい姿を全国にお披露目される『NHK紅白歌合戦』
 「罰ゲームみたい」と言われる赤、青、黄色のトップス+股間くっきりのパツパツパンツを着せられた11年の『紅白』。白の法被姿から、法被を脱いで白シャツ+黒ベスト・黒のパンツというウエイター的衣装にチェンジした12年の『紅白』。どちらも背後の階段にはズラリとJr.たちが並び、それが映像効果によって大量の分身をつくられて、三十三間堂のような状態になっていた。いずれも恥ずかしい衣装で、笑顔全開で歌い、キレキレに踊るNYCの姿が印象的で、いま観ても感動と恥ずかしさで涙が止まらない。

 ちなみに、NYC活動停止後、1人で数々の舞台をこなしたり、CD販売のイベントで地方回りなどをしてきた中山は、今ではダンス・歌ともに若手ジャニーズで上位に数えられるオールラウンド型になっている。今の中山が、山田・知念と組んだら、ダンスのレベルを誰かに合わせたり遠慮したりすることのない、クオリティの高い全力パフォーマンスができることだろう。せめてイベントでも特番でも良い、現在のNYC3人のパフォーマンスを一度だけでも見ることができたら……。

 とはいえ、完全に消滅してしまったNYC。さようなら、そしてありがとう。
(田幸和歌子)

JUMPコンに遊びに来てもいいんだよ、優馬~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  5. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 『カウコン』意外な舞台裏
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. キャラ変え好調の乙武洋匡
  12. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  13. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  16. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー