芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

 どこにでもいるようなアメリカン・ハイスクール・ボーイのマーティと、親友で変わり者の科学者ドクが、タイムマシーンで過去や未来へトラベルし、ドタバタに巻き込まれて行く映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)。PART2では、2015年10月21日にタイムトラベルしており、今年、その日を迎えることから、映画ファンの間では「映画で予想されていた2015年と実際の2015年の違い」を検証するなど、大いに盛り上がっていた。世界中のファンは、記念すべき10月21日にマーティとドクがデロリアンに乗っているところを見たいと切望していたが、それがアメリカの人気深夜トーク番組『ジミー・キンメル・ライブ!』で実現した。

 番組で、司会者のジミーが「『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ファンにとって、今日は特別な日ですよね。マーティがドクと一緒に、未来である2015年10月21日にタイムトラベルしたのですから」と話すと、後方からスモークが立ち込め、同作のテーマソングが流れる。そして稲妻のような光線の中を年季の入った車型タイムマシーンのデロリアンが滑り出て、ステージ中央で停車。車からは主人公のマーティを演じるマイケル・J・フォックス(54)と、科学者のドクを演じるクリストファー・ロイド(77)が戸惑った表情で降りてくる。観客は総立ちになり、割れんばかりの拍手で2人を迎えた。

 「わたしの計算によると、ここは2015年だよ。未来の世界だ!」と感動するドクに、マーティは、「2015年? 空飛ぶ車とかあるんだろ? ちょっと怖くね?」と戸惑う。そこにジミーが歩み寄りながら、「え~、実は空飛ぶ車なんですけど、まだないんですよ。制作できてないんですよ」と教える。きょとんとした2人は、「お前さん誰だい?」と聞き、ジミーは「わたしはジミー・キンメルと申します。あなた方はわたしのトークショーの真っ最中にタイムトラベルしたんですよ」と冷静に答える。

 「お前さん、トークショーを持ってるのかい? ジョニー・カーソンはどうしたんだい?」と名司会者の名前を出すドク。ジョニーは05年に79歳で病死しており、ジミーがそのことを伝えると、ドクもマーティもショックをあらわにした。ジミーは、「まぁ、かなり高齢でしたしね。テレビ番組でこんなショックなことを知るなんて気の毒ですけど」と言い、マーティは「テレビ? テレビ番組に出てるってことかい? みんな、オレを見てるのかい?」と驚く。ジミーは「えぇ、みなさんご覧になってますよ。多くの人は明日、トイレ中に携帯電話で(YouTubeなどで)見るでしょうけど」と言い、どん引きする2人に、「聞こえは悪いですけど、そんなんじゃないんですよ。結構、楽しいですよ」と説明するが、2人は理解できないという表情のまま。

 ドクは「それじゃ、空飛ぶ車は開発されていないということで。ホバーボードはあるだろう?」と、宙に浮くスケートボードは存在するかと質問。ジミーは、「ホバーボードはあるけど、そういうホバーボードじゃないんですよ」と回答。マーティは、「中東平和は実現したかい?」と聞くが、ジミーは渋い顔で「オー、ノーノーノー」と答える。と、次の瞬間、ドクがはっとした表情になり、「(メジャーリーグのシカゴ)カブスは決勝戦に進んだかい?」と聞き、実際今年カブスは、ニューヨークメッツとリーグ優勝決定戦をしたため、ジミーは「イエス!」と答える。

オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!