今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

ラグビーの「五郎丸ブーム」に浮かれる、フジテレビ報道班がやらかした過誤

naumber-goromaru.jpg
「Number PLUS ラグビーW杯完全読本 2015 桜の決闘」(文藝春秋)

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎隙あり!
 五郎丸ムーブメントの熱冷めやらず。それはわかるが、22日のフジテレビの『みんなのニュース』にはびっくりしたなぁ。五郎丸生出演でウキウキなのはわかるが、開始から1時間、ほかのニュース一切やらずに、延々と五郎丸まつりでわっしょいわっしょい。田中史朗と畠山健介も出てたけど。

 天然ボケの田中と、関西人としてオチをつけようとする畠山。バラエティの空間でクールな五郎丸を際立たせるためには、このメンツがベストバランスであるな。って『みんなのニュース』、バラエティじゃなくて報道ですけど。

 「五郎丸の苗字のルーツを取材してきました」「合コンで福山雅治歌ってたってホントですか?」等で埋め尽くされた1時間。「ポーズはやってますがどーですか?」って、何聞かれても修行僧のように「ラグビーを知っていただけるきっかけになれば」と心を無にして唱えていた五郎丸。どうか五郎丸を壊さないでやってくれ。

 最後、「2019年W杯に向けての目標」を手書きさせられたフリップの、「日々の努力」の「努」の字を間違えて書き直していた五郎丸。きゃあああああ。五郎丸を壊さないでやってくれぇ!

◎脳裏にはHIROを浮かべ
 東村アキコのスタートしたばかりの連載マンガが、いろんな声のため休載に。ヒモを題材にした『ヒモザイル』(講談社)。いいタイトルだなぁ。しかし、「専業主夫をヒモ扱いするのか!」等々の声が起こりやむなく中止。真木よう子の元ダンナは声上げてないだろうな。

「女の方が働いてる」のさまざまなケースと、そこに至る機微がこれから描かれるのを楽しみにしてたのに。休載という大事に至ったのは、タイトルが秀逸すぎたのが一因かも。「ヒモザイル」。本当に、いいタイトルだ。

 自他共に認めるヒモ男・アレクサンダーのブログも大人気だし、生き方のひとつとして、今、ヒモがキテる。そんな「ヒモブーム」の火付け役になったかもしれない注目のスタートだったのに。「ヒモザイル」。……これ口に出して言ってみたいだけかもしれない。

◎現実世界を仕切る魔法
 テレビをつけながら仕事をしていたら、『スター・ウォーズ』のテーマ曲が。ああ、そろそろ新作の封切りが近づいてきたもんな、と顔を上げると、『ディズニー・オン・クラシック~まほうの夜の音楽会~』なる催しのCMであった。もうお前んとこの持ち歌かい。ま、買い取ったんだからそうなんだけど。

 本当に、ディズニーに使えない魔法なんて、この世の中には、ない。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク