[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

華麗なるジャニーズ帝国☆社長に副社長、飯島女史のお仕事ぶりを分析!【祝ジャニーさん特集】

 10月23日、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が84歳の誕生日を迎えた。今回はバースデー記念として、所属タレント以上に“役者”が揃っているジャニーズ事務所のトップ陣営――ジャニー社長、姪の藤島ジュリー景子氏、SMAPのチーフマネージャー・飯島三智氏の功績や近年の動きについて振り返ってみたい。

■“気まぐれ人事”を続けながらもまだまだ現役のジャニー社長!

1012_johnny.jpg

 1962年、自身が集めた野球チームのメンバー4名でジャニーズを結成。1975年、正式に株式会社として法人登記された後は数々のスターを輩出・作品をプロデュースし、日本芸能界に一大帝国を築き上げた。

【近年の動き】
 80歳を超えても、舞台のプロデュースなどに尽力しているジャニー社長。2012年5月頃には車椅子姿で現場に現れたと業界内で話題になったが、これは一時的な体調不良だったのか、その後も自らの足でジャニーズの舞台を観劇する姿が目撃されている。

 ジャニー社長といえば「Sexy Zone」といった珍妙なグループ名をつけるなど、独自のアイデアセンスにあふれている。時には“思いつき”とも思える構想をぶち上げることもあり、13年3月には2020年の東京五輪に向けて40名からなる大型ユニット「2020(Twenty Twenty)」の結成を発表。『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)でしばらく話題を引っ張ったが、ここ最近はユニットに関する報告もないため、ファンから「Twenty Twentyってどうなったの?」「トニトニ問題はどこへ行った」というツッコミが定期的に出ている。

 また、昨年は『Live House ジャニーズ銀座 2014』の開催にあたり、「Sexy Boyz」「Sexy Champ」「Sexy Age」「Sexy Jr.」と「Sexy」を乱用していることで「ジャニーさんSexy好きすぎ」と話題に。今年は久しぶりに気合の入ったJr.内ユニット「Mr.King vs Mr.Prince」(平野紫耀、永瀬廉、高橋海人、岸優太、岩橋玄樹、神宮寺勇太)を作るも、早々に解体疑惑が浮上。12月~来年1月に上演される舞台『ジャニーズ・ワールド』に出演する平野、永瀬、高橋が「ポポロ」15年12月号(麻布台出版社)では「Sexy King」という表記で、「Mr.Prince」の3人は「岩橋&神宮寺&岸」という簡素な括りになっていたのだ。ジャニー社長の「Sexy」ブームが再び到来したのかは定かではないが、ファンを困惑させている。

 とはいえ、近年はジャニーズWESTのデビューに際し、当初発表されていた4人(中間淳太・桐山照史・重岡大毅・小瀧望)ではなく、メンバーの直談判により3人(藤井流星、神山智洋、濱田崇裕)の加入を受諾。パフォーマンスを見せるためDVDリリースにこだわったA.B.C‐ZのCDデビューもあっさり許可するなど、タレントの主張を受け入れる寛容な姿勢が見える場面も。なお、Kis‐My‐Ft2・藤ヶ谷太輔が先日行われた「ベストジーニスト2015」の授賞式で明かしたところによれば、昨年のジャニー社長の誕生日にはキスマイからジーンズがプレゼントされていたという。また、昨年は中山優馬・滝沢秀明を始め、錚々たるジャニーズタレントが社長のバースデーパーティーを開催したことが明らかになっている。

2015年は「飯島を呼んで」の乱、Sexyの乱と大忙し

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク