[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」10月27日号

「婦人公論」ひとり暮らし特集に響く、「モラハラ夫の呪縛」と「解放後」に苦しむ女たちの悲鳴

「婦人公論」ひとり暮らし特集に響く、「モラハラ夫の呪縛」と「解放後」に苦しむ女たちの悲鳴

 「婦人公論」(中央公論新社)今号の特集は「備えて安心『ひとりの暮らし』シミュレーション」です。特集に入る前に、巻頭の連載「うるさくてもシズカ」から見たいと思います。こちらは脚本家・大石静のエッセイ。今一緒に仕事をしている33歳の有能プロデューサーを見て、自分が結婚したとき夫もまた33歳だったことを思い出したという大石。かつて舞台監督として華やかにイキイキと仕事をしていた夫も、すでにリタイア。「ボーッとソファーで居眠りしている横顔などを見ると、私はなぜこの人と結婚したんだろう? と訳がわからなくなる」「別に嫌う理由はないけれど、どこもステキじゃない」。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

「婦人公論」ひとり暮らし特集に響く、「モラハラ夫の呪縛」と「解放後」に苦しむ女たちの悲鳴のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性誌速攻レビュー婦人公論のニュースならサイゾーウーマンへ!