「愛されるための○○」は常識・マナーに過ぎない。恋愛で「愛される」のはマニュアルどおりの行動ではありません

前回は『愛されメイク現場のホンネ』を制作の裏話も交えてぶっちゃけました。
今回も引き続き『愛され』について。『愛される女になるには○○をしなさい』的な、勝手な法則について、私なりに物申したいと思います。

『○○すればうまくいく』『○○すれば愛される』『幸せになるための○○』
本当のところそんな法則は実在しないのに、まるでマニュアルのように、雑誌やインターネット記事で見る言葉たち。
でもこういった『○○をすれば……』の○○って何も特別なこと書いてないでしょ。
たとえば、『愛される女の条件○○』。

◆聞き上手
◆褒め上手
◆素敵な笑顔
◆何事にも前向き
◆時に頼ったり甘えたり素顔を見せられる
◆挨拶とお礼を欠かさない

これって、相手が異性に限らず、人とのコミュニケーションをする上で、ごく普通の当たり前のことじゃない?
仕事でも友達とでも、人として、大人として、普通だと感じませんか?
これをすれば好きな人を振り向かせられる? 残念ながら私はそうは思いません。
それに上記の○○は、めちゃめちゃ定番のホステステクニックです。過去に銀座でホステスをしていた頃を思い出します。笑

逆にもし○○をしなかったら……?

◆話を聞かない
◆褒めない
◆笑顔がない
◆ネガティブ
◆素顔が分からない、弱みを見せない
◆挨拶やお礼が言えない

ね、恋愛どころか人として魅力を感じません。とってもなめた条件○○です。
そんな当たり前の○○を「愛される女の条件」として挙げている無責任な著者に対しても、それを恋愛のテクニックだと勘違いしている読者の女子にも、とても残念な気持ちになります。

◎みんなに通用するアンサーなんてない

恋愛における『愛されるPOINT』は、あなた自身と相手次第。同じ人が存在しないのと同様に、恋愛も一つ一つがオンリーワンです。
もしも、皆が皆個性なく、1パターンの人生や恋愛だったら私は絶対に嫌です。
定番マニュアルに沿った振る舞いをして、運良く模範解答通りの彼の反応を得られれば、一時的に手応えを感じるかもしれません。でもそれによって「愛されてる」実感を得続けることって、出来るでしょうか。そしてあなたは幸せを感じるでしょうか?

恋愛においては、出会い方や、恋に落ちたときのお互いの状況や、それぞれの個性など様々な要素が複雑に絡み合うからこそ、鉄板なんてないのです。
恋愛は一人相撲ではありません。
相手あってこそです。
そしてもし、相手や自分に子供がいる場合は、自分+相手+子供というように、自分1人の幸せでなく相手を思いやる気持ちが必要です。
だから、誰かに愛されたいからといって、『○○すれば愛される』では問題解決は不可能なのです。

人として、大人の女として、最低限のことはしましょう。
たとえば人にされて自分が嬉しいと思うことは、積極的にしましょう。また、自分がされたり、言われて不快になることは絶対にしない。
しかし、それと恋愛の場であなたが愛されるかどうかは全くの別問題です。

笑いのツボや、価値観、相性などはマニュアルには載っていません。
あなたが彼をよく知り理解し、また彼があなたをよく知り理解する。そうやってお互いに積み重ねていき、オンリーワンの関係を作り上げていくのです。
そして、そんな2人に何か問題が起きたとしても、インターネットや雑誌などに載っている『愛されるための○○』は何も答えにはなっていません。

私もよく恋愛相談をされますが、安易に答えることはできません。
だって、いくら親しい友人でも、「私の知っている彼女」と「彼の前での彼女」は違うかもしれないし、私に打ち明けられない二人だけの深刻な問題があるかもしれない。
だからそんな時は、出会いから今までの関係を詳しく聞いたうえで、「もし私が彼女なら、こうするかな……」という観点での話をします。
「○○しなさい」ではなく、「私なら○○する」とロールプレイングするだけ。
そしてひとつだけ付け加えます。
「彼の本質を真っすぐ見ましょう」と。

恋愛で悩んでいるときって、一人ただ考え過ぎて泥沼にはまっているだけかもしれない。
逆に、本当は真実を分かっているのに、自分の望んだ答えと違うから、見て見ぬふりをしているのかもしれない。
まずはまっすぐに見て、見えたものを認めましょう。

あまりにも悲しんだり悩んだり苦しいのなら、もうその恋は終わらせて自分を大切に、幸せにしてあげる方向に転換しましょう。
不幸の中にたまに見える希望……的なプレイが好きな女性なら、私はもう何も言いませんけど。笑

◎愛され○○は、ただのマナーと捉えて

愛されるための○○
それはあなたと彼だから見えてくるものです。他の人と同じ恋愛なんて存在しません。
マニュアルばかり読んで、それに自分を無理矢理当てはめないで。
今日までの『愛されるための○○』は、ただ単に人間として、一人の大人の女性としての基本的なマナーです。

それすら出来ていないとしたら、まずは他人を思いやるところから。また、意中の彼との恋愛に悩んでいるあなたは、彼の本質をしっかり見て、色々な角度から考えてみましょう。
そうすればあなただけのちゃんとした答えが見えてくるかもしれません。

こうやって読むと「当たり前だな」と思うでしょうが、『愛されメイク』同様、『愛されるための○○』にすがって、本質を見失って、雑誌の恋愛特集や恋愛カウンセリング、婚活セミナーに走る女性も多いです。そんな情報は一切無視して、自分をしっかり持って欲しい。

恋愛がうまくいかない時、考えれば考えるほどこんがらがって、周りもよく見えない、普段なら気付くことも気が付かない、だからマニュアル化された何かにすがる気持ちも分かります。
でもね、普段の冷静で、自分に自信のあるあなただったら、きっとそのうまくいかない原因もそれを解決に導く術も見えるはず。10代の恋愛初心者じゃないでしょ。現在に至るまで色々な経験をして、困難も乗り越えてきたはず。「もうだめだ、未来が見えない……」なんて死ぬほど落ち込んでも今あなたがここにいるのはそれらを乗り越えてきたからです。
もっと自信を持って、内面も外見も大人の女性として芯をしっかり持って欲しい。

若い頃のようなノリや勢い、面白ければいい。なんて軽い恋愛も卒業して、だからと言って頭でっかちにならず、マニュアルも鵜呑みにせず、あなたとあなたに合った素敵な彼とのオンリーワンの上質な大人の恋愛を楽しんでください。
■千野根アディス実弓/フリーランスのメイクアップアーティスト&スタイリスト&トータルビューティープロデューサー。テレビや雑誌、広告、CMなどを手掛け、多くの女優、タレント、モデル、歌手を担当。豊富な人生経験から、独自の恋愛やモテテクニックのアドバイスを繰り出していく。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク