“あの人はいま”候補へ

「来年まで生き残るの厳しい」GENKING、ファンクラブサイト発足は“危険信号”!?

15genking.jpg
『GENKING PETIT PRICE ARRANGE』(宝島社)

 マルチクリエーター・GENKINGの公式ファンクラブサイトが15日にオープンしたものの、ネット上では「この人にお金を払うファンなんているの?」と冷ややかなコメントが噴出している。画像投稿サイトインスタグラムで「謎の美男子」として注目を集め、今年3月『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)でバラエティ初出演を果たしてから、一躍人気タレントに急成長したGENKINGだが、すでに業界内では「来年まで生き残るのは厳しい」とささやかれているようだ。

 ファンクラブサイトでは、プロフィールやスケジュールといった情報ページのほか、月額400円(税別)の有料ページもあり、お悩み相談やプレゼントのコーナーが設けられている。

「人気タレントの有料サイト自体は珍しいものでもありませんが、ブレークから1年足らずで課金サービスを始めるとなると、業界的に見れば『早くもファンの囲い込みビジネスに走った』といった印象。年会費ではなく、初回の支払いが低額となる月額制という部分を見ても、マネジメントサイドの焦りが伝わってくるようです」(芸能プロ関係者)

 上から目線の言動や、性転換手術をしていないにもかかわらず「温泉は女湯に入っている」といった炎上発言で、ネット上で嫌われ者となりつつあるGENKINGだが、関係者からの風当たりはそれ以上に強いようだ。

「自らの呼称を『ユニセックス系』で統一させ、オネエと呼ばれたくないと物言いした(既報)ことが原因で、ベテラン勢から『新人のくせに調子に乗りすぎだ』と共演NGが相次いだんです」(同)

 また、GENKINGの窮地はテレビ局側も感じ取っているようだ。

「共演者からの嫌われぶりもさることながら、一番のネックは、いわゆる“気の利いたコメント”がまったく出てこないところです。マツコ・デラックスをはじめとして、オネエタレントの一番の売りといえば、やはりトーク力。共演NG以上に、本番でのポンコツぶりも露呈してきたとあって、『今年でもう終わりだな』という声も出ています」(テレビ局関係者)

 月額制ファンクラブの発足は、すでに頭打ちのテレビ出演が減ったときの保険かもしれないが、本当に消えてしまう前までにどれだけ“集金”できるのだろうか?

GENKINGはパーティーピーポー枠でしょ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  8. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  9. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  10. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  11. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  14. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  19. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム