“あの人はいま”候補へ

「来年まで生き残るの厳しい」GENKING、ファンクラブサイト発足は“危険信号”!?

15genking.jpg
『GENKING PETIT PRICE ARRANGE』(宝島社)

 マルチクリエーター・GENKINGの公式ファンクラブサイトが15日にオープンしたものの、ネット上では「この人にお金を払うファンなんているの?」と冷ややかなコメントが噴出している。画像投稿サイトインスタグラムで「謎の美男子」として注目を集め、今年3月『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)でバラエティ初出演を果たしてから、一躍人気タレントに急成長したGENKINGだが、すでに業界内では「来年まで生き残るのは厳しい」とささやかれているようだ。

 ファンクラブサイトでは、プロフィールやスケジュールといった情報ページのほか、月額400円(税別)の有料ページもあり、お悩み相談やプレゼントのコーナーが設けられている。

「人気タレントの有料サイト自体は珍しいものでもありませんが、ブレークから1年足らずで課金サービスを始めるとなると、業界的に見れば『早くもファンの囲い込みビジネスに走った』といった印象。年会費ではなく、初回の支払いが低額となる月額制という部分を見ても、マネジメントサイドの焦りが伝わってくるようです」(芸能プロ関係者)

 上から目線の言動や、性転換手術をしていないにもかかわらず「温泉は女湯に入っている」といった炎上発言で、ネット上で嫌われ者となりつつあるGENKINGだが、関係者からの風当たりはそれ以上に強いようだ。

「自らの呼称を『ユニセックス系』で統一させ、オネエと呼ばれたくないと物言いした(既報)ことが原因で、ベテラン勢から『新人のくせに調子に乗りすぎだ』と共演NGが相次いだんです」(同)

 また、GENKINGの窮地はテレビ局側も感じ取っているようだ。

「共演者からの嫌われぶりもさることながら、一番のネックは、いわゆる“気の利いたコメント”がまったく出てこないところです。マツコ・デラックスをはじめとして、オネエタレントの一番の売りといえば、やはりトーク力。共演NG以上に、本番でのポンコツぶりも露呈してきたとあって、『今年でもう終わりだな』という声も出ています」(テレビ局関係者)

 月額制ファンクラブの発足は、すでに頭打ちのテレビ出演が減ったときの保険かもしれないが、本当に消えてしまう前までにどれだけ“集金”できるのだろうか?

GENKINGはパーティーピーポー枠でしょ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. ムショ飯はうまいのか?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー