【うわさの会見場から】

「ジャニーズ気取りか?」向井理、“家族エピソード”を完全シャットアウトに記者が皮肉

20141121mukai.jpg
『向井理、ビストロ修行 ハングリー!な簡単レシピ53』(マガジンハウス)

 向井理が15日、都内で行われた主演ドラマ『遺産争族』(テレビ朝日系)の制作発表会見に出席した。昨年末に結婚した国仲涼子との間に、第1子の男児が誕生したことを9月末に発表してから初めての公の場となり、また同ドラマには、7日に大塚千弘と結婚した鈴木浩介も出演していることから、会見場には多くの報道陣が集まった。しかし、向井、鈴木ともに喜びのコメントはおろか、プライベートに関するトークは一切出なかったという。

「向井は、所属事務所を通じた文書で出産報告を行った際にも、子どもの生まれた日時は伏せるなど、プライベート情報は極力出さない主義を貫きたい様子。記者からは、ドラマのストーリーにちなみ『最近の家族での争いは』と、国仲との夫婦生活を暗に探る質問がありましたが、向井は『父とよく食事に行くのですが、最初はありがとうと言われたのに、最近は何も言われません。おごってもらって当然という顔で帰っていく』と肩すかしな回答でした。鈴木に至っては『あっても、ここでは絶対に話しません』と完全シャットアウトで、取材陣も苦笑いでしたね」(テレビ誌ライター)

 ジャニーズ事務所の所属タレントは、妻や子どもなど家庭を連想させるトークは基本的にNGなことで知られるが、この会見では「不自然なまでにおめでたい話題に触れない向井と鈴木に、『ジャニーズ気取りか?』との声もあった」(同)とか。なぜそこまで秘密主義を決め込んでいるのだろうか。

「向井は、昨年の12月28日に婚姻届を提出したと同30日に発表。その4カ月後に、国仲の妊娠を発表したことで、主にネット上で『やっぱりできちゃった結婚だったのか』とウワサされてきました。妊娠発表の際、向井のコメントに、わざわざ『今年に入ってからの妊娠に、驚きと喜びの気持ちがあふれています』とあったことから、でき婚説を立てられたくないことはミエミエだったものの、今でもネットの検索窓に『向井理』と入れると、関連ワードで『でき婚』と表示される始末で、向井側としては、正直ウンザリしているのではないでしょうか」(同)

 また、向井は結婚での“ファン離れ”を懸念しているのかもしれないが、「国仲にマイナスイメージがあるわけではないのに、徹底して話題に上げないとなると、逆に向井のイメージダウンにつながるのではという声もあります。鈴木に関しては、主演俳優から話題を奪いたくないという気遣いもあったのかもしれませんが……」(スポーツ紙記者)との意見も。

 この戦略は果たして視聴率にいい結果をもたらすのか、注目したい。

「向井理ロス」とか冗談で言ってるだけだから心配しないで

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  2. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  3. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  6. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  11. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  12. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. テレビとギャップありなジャニーズ
  15. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  16. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 西内まりや、なぜ月9主演受けた?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー