守りに入りすぎ!?

篠原涼子『オトナ女子』、初回9.9%にフジ絶句!? 鉄板キャスト&あらすじに「既視感すごい」

2015otonajoshi.jpg
『オトナ女子』(フジテレビ系)公式サイトより

 篠原涼子の主演ドラマ『オトナ女子』(フジテレビ系)の第1話が15日に放送され、平均視聴率は9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。キャスティングやストーリー、また宣伝の力の入り具合からしても“鉄板ドラマ”と見られていたが、まさかの1ケタ台を記録してしまった。

 『オトナ女子』は、アラフォー女性が男に振り回されながらも、幸せをつかもうと奮闘する大人のラブストーリー。共演は吉瀬美智子、鈴木砂羽、谷原章介、江口洋介ら実力派が脇を固め、篠原演じる主人公・中原亜紀の年下ミュージシャンの彼氏役で斎藤工も出演している。

 ところがネット上では、視聴者から「普通に面白いんだけど、ベタすぎて恥ずかしくなる」「昔のトレンディドラマを目指しすぎ」「篠原を前面に押し出した、昭和のドラマ」といった批判が噴出。ありがちな設定やキャラクター、セリフ回しには「どのシーンも既視感がすごい」という意見も。

「篠原のフジドラマといえば、2013年にスマッシュヒットした『ラスト・シンデレラ』が記憶に新しいでしょう。『ちょっとエッチな大人の恋物語』という、少々時代錯誤的な設定ながら、三浦春馬とのラブシーンが女性視聴者から好評で、最終回は17.8%まで数字を伸ばし、篠原の代表作の1つに成長しました。また、10年の主演作『月の恋人~Moon Lovers~』も、初回から20%超の高視聴率を記録しています」(芸能ライター)

 関係者の間では、「『オトナ女子』は月9並の数字を期待されていた」と言われているが、夏クールに9.8%の月9史上最低初回視聴率を記録した『恋仲』と、同水準でのスタートとなってしまった。

「崖っぷちのフジだけに、各局とも本腰を入れだす秋ドラマに関しては、とにかく視聴率を最優先させたかった。実際、他局からも、キャスティングとあらすじだけで、『オトナ女子』の高視聴率は約束されたようなものだと見られていたのですが、まさかの1ケタ台とは……。守りに入ってもボロ負けという想定外の事態に、フジも絶句していることでしょう」(テレビ局関係者)

 今クールの連ドラでは『相棒』(テレビ朝日系)が初回18.4%のロケットスタートを切ったばかり。「フジとしては、『オトナ女子』は『相棒』に匹敵するキラーコンテンツと考えていたはず。最終回までに何としても巻き返しを図らなければならない」(同)との声もあり、次回以降、決死のテコ入れが展開されることとなりそうだ。

篠原涼子のドタバタ演技が見てなくても目に浮かぶ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク