その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「山P、キモっ」は褒め言葉? ストーカー僧侶役に妙にハマる山下智久のじっとり演技

「山P、キモっ」は褒め言葉? ストーカー僧侶役に妙にハマる山下智久のじっとり演技

 人気少女マンガを原作にした、山下智久出演の月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)が、10月12日にスタート! 女性人気も高い石原さとみと山下の共演、しかも山下はこれまでのイメージからは想像がつかない、僧侶という役を演じるということもあり、オンエア前から話題になっていた同作。初回の平均視聴率は12.6%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)だったが、夏クールの『恋仲』の初回視聴率9.8%に比較するとまずまずといったところ。  第1話は、桜庭潤子(石原さとみ)がある葬儀に参列するところから幕を開ける。慣れない正座で足がしびれた潤子は焼香台に手をついたはずみで、香炉の中身を僧侶・星川高嶺(山下智久)に向けてぶちまけてしまう。ある日、潤子は母・恵子(戸田恵子)の策略でお見合いをすることになったが、知らずに行った料亭にいたのはその高嶺! しかも高嶺は「あなたを私の妻にして差し上げます」と言い放ち、結婚に乗り気ではない潤子を唖然とさせる。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「山P、キモっ」は褒め言葉? ストーカー僧侶役に妙にハマる山下智久のじっとり演技のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!