「自称セックスうまい人間」が男性に多い理由とは?

 あなたは「自称セックスうまい人間」に遭遇したことはありますか?

 私はこれまでに何度かその手の男性に会ったことがあります。これからホテルに行くか行かないかといった微妙な空気感が流れている段階で、自ら「オレ、うまいって言われるよ」とセックスのハードルを上げ出す人や、「よくデカイって言われる」とデカちん自慢をする人、またセックス中に「気持ちいいでしょ?」と確認してきて、こちらが絶対に感じている前提で手マンやらクンニをしまくる人。

 「男友達に“スペースフィンガー”って呼ばれてる」と話す人にも会ったことがあります。よくわかりませんが、要するに「手マンのテクがある」という意味で使っていました。でもなぜそれを男友達が知っているのでしょうか? もしや男友達の前で手マンのテクを披露する場面があったのか……。おそらく、男友達に「こないだ手マンで潮吹かせたぜ! (or イカせたぜ)」的な自慢をし、「すげー! お前、スペースフィンガーじゃん!」といったリアクションがあっただけなんじゃないかなと思います。

 残念なことにこういった類の男性とのセックスで、「超気持ちいい! さすがスペースフィンガー!」とか「これは公私ともに認めるべきデカちんだ!」と感じたことはありません。たまたま私にとってノーマルフィンガーやノーマルちんちんだっただけで、他の女性にはスペースフィンガーだったりデカちんという可能性もなくはないのですが。

 というか、なぜ相手のセックス的嗜好がほとんどわかっていない状況で、テク自慢をするんでしょうか? 他の女性に通用したテクが全ての女性に通用するとは限らないし、「気持ちいいって思ってもらえないかもしれない」という思考が全くないというのは不思議です。

 しかし、ある意味では男性に「自称セックスうまい」タイプがポツポツ存在しているのは「仕方のないこと」とも言えます。AVを観れば、これでもか! という激しい手マンをされている女性がアンアン喘いで「気持ちいい~」と言い、実際にセックスしてみても多くの女性は演技をしますから、男性が「これで間違いないだろう」と確信してしまうのも頷けます。セックスは2人でするものですから、愛撫が痛かったり下手だったりするのを指摘しない女性にも少なからず責任はありますよね。

 一方、女性の「自称セックスうまい」談は聞く機会が少ないように感じます。「彼氏が早漏」「テクがない」といったグチや悩みはよく聞きますが、「秒速で男をイカせた」「名器と言われた」といった自慢的な自己申告はあまりないかもしれません。気になる男性とのセックスのために、「私って“ミミズ千匹”らしいんだよね」との誘い文句を使っている女性はいるのでしょうか?(ちょっと使ってみたい気もします)

 女性の「自称セックスうまい」タイプが珍しいのは、多くの女性がセックス中に演技をした経験があり、仮に男性に「フェラうまいね」と言われたとしても「私も演技してるし、向こうも本心で言ってるワケじゃないかも」と真に受けないからではないかと思います。加えて、男性間では「たくさんの女性をイカせた」「デカちん」が自慢になったり、賞賛されることが多いですが、女性間ではそうではなく、例え「フェラうまいって言われる」と言ったところで「何それウケる」「今度教えてよ(笑)」といったギャグ的な捉えられ方をするか、単純に引かれることが多いかもしれません。

 少し前に“マウンティング”という言葉が流行りましたが、男性間では自称だとしてもセックステクがマウンティングの材料になるのに対して、女性間ではあまり効力がない。例え根拠のない自称だとしても、「セックスがうまい」というのは男性にとって誇るべきポイントなのでしょうか? 雑誌の広告などの“ちんちんをデカくするなんちゃら”は何年も前から存在しているのに、“締まりをよくするなんちゃら”がごく最近登場したものだということも、それに通じるような気がします。

 セックスなんて千差万別で、「これが正解、こうすれば絶対に気持ちいい」という絶対的な方式はありません。「デカちんは痛い」と嫌がる女性もいるし、「締まりが良すぎると痛い」という男性もいます。そう考えると、本当にセックスがうまい人が存在する確率はかなり低いものになってくるし、いくら自分のテクを口頭で説明したところでやってみなければわかりません。まあ、セックスに限らず“自称○○自慢”はあまり信用できないものですけどね……。

■Lollipop-Rumiko/通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー