ついに最後のレギュラー番組も終了……“干された”能年玲奈の最新情報と、もうひとりの黒幕

nounen0525-1.jpg

 “独立騒動”渦中の女優・能年玲奈の最後のレギュラーだったラジオ番組が、今月1日に最終回を迎えた。

 3年半にわたってレギュラーを務めたのは、TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』。放送のラストは「一番自由になれる場所だった。楽しく頑張らせていただきました」とあいさつし、「受験生の皆さんにもエールを送ります! フレー! フレー!」と明るく締めくくったが、一連の騒動で業界から“干された”感は否めない。残る仕事は「かんぽ生命」のCMという惨状だ。

 能年は通称「生ゴミ先生」と呼ばれる魅力開発トレーナーの滝沢充子氏に心酔し、所属事務所「レプロエンタテインメント」との間で冷戦を繰り広げている。

 大々的な騒動になっても、能年の師に対する信頼は揺るがないどころか「(レプロが)私と先生の仲を引き裂こうとしている」と、不信感をさらに強めているという。

「レプロが話し合いの場を設けようとしても、能年本人が電話に一切出ない。何かあれば『弁護士を通してください』の繰り返し。こんな状況では、新規の仕事も引き受けることができない。異常というしかありません」とはスポーツ紙デスク。

 騒動をめぐっては、レプロが能年サイドの主張に丸乗りした「週刊文春」(文藝春秋)を名誉毀損で訴えている。

「念入りな取材で知られる文春ですが、能年の記事のネタ元は、騒動のもうひとりの“黒幕”といわれる男性X氏。X氏は漫画家で、滝沢氏の所属事務所の代表も務めている。滝沢氏と能年の3人でショッピングに行くほど仲が良いですが、他方で思い込みが激しく、今回の文春記事は危ないともっぱらの評判です」(事情を知る関係者)

 X氏はかつてTwitterを公開しており、トラブルをにおわす発言を連発。能年主演の映画を撮るため「誰か4500万円ほどください」「やっぱり5億円でお願いします」「5本ほど企画があるので、5本8億円でいかがでしょう?」などと出資金を募っていた。

「レプロ側も、元凶は滝沢氏とX氏とみている。このままいけば、来年6月に能年さんは所属事務所を退社し、独立。実はこの間、彼女は自宅で絵を描いていて『能年玲奈』とは別の名前で、作品を発表する準備を進めています。その後はX氏が中心となって舞台や映画を自主制作するつもりのようですが、芸能界のルールに背いているだけに、実現は厳しいでしょう」(週刊誌デスク)

 ついに表舞台から姿を消した能年。イバラの道に変わりはない。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク