【うわさの会見場から】

SMAP・香取慎吾の話術に「さすが」! 山本耕史への“嫁さんイジり”にマスコミ驚嘆

katorishingo04.jpg
ある意味、堀北真希の先輩

 SMAPの香取慎吾が5日、都内で行われた映画『ギャラクシー街道』(三谷幸喜監督、10月24日公開)の完成披露舞台挨拶イベントに、共演の山本耕史らと出席した。ほかにも綾瀬はるか、小栗旬、大竹しのぶ、遠藤憲一ら豪華キャストが集結したものの、芸能マスコミのターゲットは、なんといっても8月に堀北真希と電撃婚した山本。しかし、同作主演の香取は巧みに自分を絡めた話題を振り、イベントの主役の座を守り切っていたという。

 三谷脚本のNHK大河ドラマ『新選組!』(2004年)で共演した香取と山本。共演者とも撮影以外では距離を取ろうとする香取に、山本がストーカー並みにまとわりついた結果、両者の間に友情が生まれたというエピソードが語り継がれている。そして今回は、香取自らこの話題に触れたという。

「舞台挨拶では、三谷監督が、山本を『宇宙一調子に乗っている』とイジり、山本は平然とした顔で『何を言われても屁でもないです』と答えていました。我々マスコミからすると、『ニュースでの使いどころはこのやり取りで決まった』と思ったんですが、三谷監督が香取について『最近、親友(山本)が結婚して、一番喜んでいたのは香取くん。親友がストーカー呼ばわりされたことにも憤っていた』と言った途端、香取は『僕の方が、彼女より先にストーカーされましたからね! 早く奥さんと話したいです。すごい気持ちが合うと思います、「あるあるある!」って』と被せてきました。山本の話題でありながら、自らを主役にした話の持って行き方はさすがですね」(テレビ局芸能デスク)

 さらに香取は、山本の結婚について話し足りないと思ったのか、舞台挨拶終了間際にもう1ネタ仕込んできたという。

「終了間際に何の前触れもなく、香取が『こんばんは、堀北慎吾です!』と挟み込んできたのです。『さっき言いたくなって抑えたんだけど、今のタイミングで復活して出てきちゃった!』と言い訳していましたが、突然の“ぶっこみ”に周りのキャストたちも『意味がわからない』『どうした!?』と不思議がっていました。しかし結果として、そのフレーズが多くの媒体で見出しとして使われることになりました」(スポーツ紙記者)

 香取に、「舞台挨拶の主役を山本に奪われたくない」という思惑があったとすれば、恐ろしいくらいの計算高さだが、恐らく親友の門出を盛り上げたい思いからの言動だったはず。2人の仲の良さが伝わる一幕となったようだ。

堀北に張り合っちゃってるだけでしょ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー