フリュー株式会社・稲垣涼子氏インタビュー【後編】

実物よりも“かわいい私”で構わない――プリクラがもたらした、女子の“自意識の変化”

R01.jpg
目の形を選択できる業界初の機能を搭載した「R(アール)」(2014年)

(前編はこちら)

 時代により、さまざまな進化を遂げたプリントシール機(以下プリ機、またはプリ)。20年の歴史の間に、利用する女の子たちの意識も、「とにかく盛る」から「なりたい顔」へと大きく変化した。顔を撮ること、見ること、友達と共有すること。そこに楽しみを見いだした女の子たちは、自分の顔についてどのような意識を持っているのだろうか。実物よりもかわいく加工することに抵抗感はないのだろうか。業界シェアトップであるフリューのプリントシール機事業部 企画部 部長・稲垣涼子稲垣涼子さんは分析する。

「プリを撮り慣れている女の子たちは、顔を加工することへの抵抗はないと思います。それは、プリ機が、主に『メイクで変えられるパーツ』あるいは『努力で変えられるパーツ』を加工しているから。例えば、顔の大きさは、痩せたり写る角度を変えたりすることで、少なからず小顔になります。目はメイクで大きさや形を変えられる。プリの加工も、そういった部分が中心なんです。反対に、メイクで変化させにくい鼻などは、女の子自身にどのような形がいいか選択させることはしていません」

 ただし実際は、「ユーザーに選択はさせないまでも、鼻にも加工はしています。むしろ顔の中で、加工していないところがないというくらい加工している」という。例えば、自然に微笑んでいるように見せるために、口は口角を上げて目の下の部分を光らせるといった処理を施せる機種もあるそうだ。そうした細かいテクニックを重ねることによって、“一番かわいい私”を完成させる。そこに、“本当の私”とは違うことへの気恥ずかしさ、後ろめたさはないようだ。

「プリは、いい意味でギャルとの親和性が高い。ギャルは自分を盛ったり、アピールすることを恥ずかしがりません。スマホでの自撮りも躊躇がない。ギャルでない子の中には、やっぱり恥ずかしがる子もいます。でも、プリは撮影することも、友人同士で見せ合うことも文化として定着しているため、自撮りよりもハードルが低いんです。加えて、プリはきれいに加工されても『機械がした』と言えますし、撮影中にお手本ポーズが出てくるので、ポーズは『真似しただけ』と言い訳が付けられるということも女の子にとってのハードルを低くしていると思います」

ババアになっても友達とプリ撮ってキャッキャ言いたい!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  2. 菊地亜美の会見がド修羅場に
  3. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  4. 野村周平のアンチが急増しているワケ
  5. 三代目JSB・山下の恋人にファン大混乱
  6. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  7. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  8. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  9. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  10. “○○が面倒くさい”芸能人
  11. 丸山の繊細なブログにファンも心配
  12. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  13. 栄養ドリンクで疲労は一切とれない
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「タウリン配合」はまったく意味ナシ!
  16. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  17. 月9イケメン俳優3人の業界評は?
  18. 『スター名鑑』スピード打ち切り舞台裏
  19. 「ド修羅場会見」を関係者暴露
  20. “意外すぎる”不倫常習犯タレント

ジャニーズの人気記事

  1. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  2. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  3. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  5. 近藤真彦「嵐派だから」と軽口発言

カルチャーの人気記事

  1. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  2. あの子に赤ちゃんを殺される! ボールをぶつけ、階段から突き落とす5歳女児に恐怖
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  2. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も
  3. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  4. M・タイソン、ブラピに妻を寝取られた過去
  5. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!