フリュー株式会社・稲垣涼子氏インタビュー【後編】

実物よりも“かわいい私”で構わない――プリクラがもたらした、女子の“自意識の変化”

R01.jpg
目の形を選択できる業界初の機能を搭載した「R(アール)」(2014年)

(前編はこちら)

 時代により、さまざまな進化を遂げたプリントシール機(以下プリ機、またはプリ)。20年の歴史の間に、利用する女の子たちの意識も、「とにかく盛る」から「なりたい顔」へと大きく変化した。顔を撮ること、見ること、友達と共有すること。そこに楽しみを見いだした女の子たちは、自分の顔についてどのような意識を持っているのだろうか。実物よりもかわいく加工することに抵抗感はないのだろうか。業界シェアトップであるフリューのプリントシール機事業部 企画部 部長・稲垣涼子稲垣涼子さんは分析する。

「プリを撮り慣れている女の子たちは、顔を加工することへの抵抗はないと思います。それは、プリ機が、主に『メイクで変えられるパーツ』あるいは『努力で変えられるパーツ』を加工しているから。例えば、顔の大きさは、痩せたり写る角度を変えたりすることで、少なからず小顔になります。目はメイクで大きさや形を変えられる。プリの加工も、そういった部分が中心なんです。反対に、メイクで変化させにくい鼻などは、女の子自身にどのような形がいいか選択させることはしていません」

 ただし実際は、「ユーザーに選択はさせないまでも、鼻にも加工はしています。むしろ顔の中で、加工していないところがないというくらい加工している」という。例えば、自然に微笑んでいるように見せるために、口は口角を上げて目の下の部分を光らせるといった処理を施せる機種もあるそうだ。そうした細かいテクニックを重ねることによって、“一番かわいい私”を完成させる。そこに、“本当の私”とは違うことへの気恥ずかしさ、後ろめたさはないようだ。

「プリは、いい意味でギャルとの親和性が高い。ギャルは自分を盛ったり、アピールすることを恥ずかしがりません。スマホでの自撮りも躊躇がない。ギャルでない子の中には、やっぱり恥ずかしがる子もいます。でも、プリは撮影することも、友人同士で見せ合うことも文化として定着しているため、自撮りよりもハードルが低いんです。加えて、プリはきれいに加工されても『機械がした』と言えますし、撮影中にお手本ポーズが出てくるので、ポーズは『真似しただけ』と言い訳が付けられるということも女の子にとってのハードルを低くしていると思います」

ババアになっても友達とプリ撮ってキャッキャ言いたい!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  14. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. ムショ飯はうまいのか?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!