[サイジョの本棚]

自分という他者、ゴミ屋敷の主となった母――私たちは“身近な他人”とどう付き合うべきか

――本屋にあまた並ぶ新刊の中から、サイゾーウーマン(サイ女)読者の本棚に入れたい書籍・コミックを紹介します!

 日に日に夜が長くなる秋、どろっと濃くて重たい、その分読み応えもずっしりと詰まった4冊を紹介したい。

『やせる石鹸』(歌川たいじ、KADOKAWA)

yaserusekken.jpg

 まず、物理的に“重たい”デブな女たちが縦横無尽に走り、ぶつかり合い、踊りながら、自分たちのための人生を勝ち取っていく青春小説『やせる石鹸』。

 見る人がつい反応してしまうほどの“巨デブ女”たまみ。職場の料亭では優秀な仲居として認められているものの、幼い頃から傷つけられることが多く、親代わりの叔母以外に心を許せる友人はいない。そんな彼女が、一念発起しダイエットして普通の体形になろうとするが、ある知人の死などをきっかけに、やせるのではなく「デブにしかできない方法で魅力的になる」ことを決意する。

 本作は「ありのままの私が受け入れられる」というような優しい寓話ではない。太っているからこその魅力で周囲に認めてもらおうとするたまみは、単にやせる以上に険しい道を歩くことになる。それでも少しずつ理解者を増やしていく中で、たまみは、自分が心から欲しかったものは、人から馬鹿にされないやせた体ではなく、誰に馬鹿にされても構わないくらい愛せる居場所や、揺るがない人間関係だったことに気づいていく。

 「やせている人=幸せ」と限らないことは十分わかっているのに、それでも「デブじゃなければ今より幸せになれる」と思ってしまうのはなぜだろう。それは、人によっては「ブスじゃなければ」かもしれないし、「貧乏じゃなかったら」かもしれないし、ほかの何かかもしれない。本作は、多くの人が当たり前のように持っている“何か”を、持たないまま生まれてきた人に向けて、ブラックユーモアを浴びせながら前を向かせ、ハッパをかけてくれる。

 たまみだけではない、たくさんのデブたちが、自分の居場所を見つけ団結していくさまは、コミカルさと美しさが入り混じり、笑いながら泣いてしまうような結末へ向かっていく。絵面は重いが、爽やかで軽やかな読後感が残るエンターテインメントになっている。

『困難な成熟』(内田樹、夜間飛行)

konnannaseijuku.jpg

 『やせる石鹸』は「自分を理解しようとしない、むしろ不当に貶めてくる他者を、こちらから理解すること」の大切さが何度か語られる。相手が何を大切にし何を不快に思うのか、その善し悪しを判断するのではなく、ただ理解することが、結果的に登場人物の世界を明るい方向に広げている。

 そのサイクルを、小説ではなく理論として取り上げているのが、哲学家であり、武道家でもある内田樹氏による『困難な成熟』だ。自分と違う外見や価値観の「他者」を認めることが、結果的に自分やその集団を強くする。その理論が、柔らかい語り口で、わかりやすく説明されている。

 『困難な成熟』は、編集者からの質問メールをフックに、「成熟とは」「大人になるとは」「『責任を取る』とは」といった一見漠然とした問いに、“捉えどころ”をつくり、身近な問題として読者に自分で考えることを促していく。どのテーマに対しても、答えを短絡的に導かない内田氏のガイドによって、つい最初に考え付いた結論で固まってしまいがちな私たちの視野を少し広げてくれる。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  15. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  16. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  19. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー