[女性誌速攻レビュー]「DRESS」11月号

25万円に見えるコートが「実は11万」! 「DRESS」の“高見え”特集は高次元!?

dress201511.jpg
「DRESS」2015年11月号(幻冬舎)

 創刊時から「DRESS」(幻冬舎)のカバーモデルはずっと米倉涼子さんでした(2015年6月号だけ長谷川京子ですが)。先月、突然別のモデルになったので、リニューアルとともにカバーモデルも変えたのかと思っていたら、やっぱり今月号は米倉さん。米倉さん、出たり入ったりで今や隔月掲載のカバーモデルになってますが、そういう契約になったのでしょうか。来月号の表紙が誰なのか、微妙に楽しみです。

<トピック>
◎働くおしゃれびとよ、“もととれ服”を買いなさい
◎トレンドものは、3つコーデがうかんだら買って良し!
◎お値段以上の高級「感」

■どう算出したか不明の“見た目値段”

 今月の「DRESS」は、「頭のいいお買い物」大特集です。「働くおしゃれびとよ、“もととれ服”を買いなさい」、「トレンドものは、3つコーデがうかんだら買って良し!」など、7つの企画でまとめられています。

 どういうファッションが「頭がいい」のかというと、長く使える一生ものや、着回せるもの、リバーシブルなど使い勝手がいいものを指すようです。要は「買ってみたらコスパが良かった」というアイテムをあらゆる方法で紹介しています。

 同特集には、「お値段以上の高級『感』」という企画があり、高そうに見えるけど実は安い、というアイテムを紹介しています。それぞれのアイテムについて「見た目値段」と「本当の価格」という2つのデータが載っているんです。例えば、エコレザーのバッグは「見た目値段¥40,000に対し、本当は…¥9,000」といった感じです。9,000円が4万円に見えたらお得かもしれません(そもそも「4万」という金額がどこから出てきたのか謎ですが)。

 しかしほかのアイテムは、「スカート:見た目値段¥180,000、本当は…¥32,000」「コート:見た目値段¥250,000、本当は…¥110,000」など、元の値段も万超えという、結構な代物が多数。11万円のコートと25万円のコートの違いって、わかります? 私はわかりません。

 物の値段は、ブランド名や流通状況によって変わってきますから、本体そのものの質がそのまま値段に反映するわけではないことは、アラフォーの「DRESS」世代ならご存じのはず。この企画は「ものを買うなら、製品の質に見合った値段じゃないとイヤだ」もしくは「なるべく高く見える安物が欲しい」人のための情報でしょう。まあ後者だと、もともと高級志向を打ち出していた「DRESS」にしては、ものすごく見栄っ張りで貧乏くさいけど、割と一般的な感覚かもしれません。

米倉、契約終了とともに離婚発表も……?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー