[ジャニーズ・メディアの裏側]

「ムシがよすぎる」SMAP・香取慎吾、脱“低視聴率ジャニタレ”の戦略にテレビ局員激怒!?

katosishingo05.jpg
亀有の警察官に狂わされた人生……

 SMAPマネジャー・飯島三智氏が進めているという、香取慎吾救済のための“戦略”が、テレビ各局プロデューサーから批判されているという。かつては『人にやさしく』『西遊記』(ともにフジテレビ系)など、大ヒット連続ドラマの主演を次々と務めてきたが、近頃は主演するドラマが軒並み低視聴率の香取。この危機を脱却すべく、飯島氏が奮闘しているというが――。

 香取の連ドラ最新主演作は、昨年4月クールの『SMOKING GUN~決定的証拠~』(同)。最高視聴率は、初回の10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、最低が第7話の5.8%で、全話平均も7.4%と“大爆死”した。また13年の『幽かな彼女』(同)、12年の『MONSTERS』(TBS系)も、それぞれ平均がギリギリ2ケタという惨状で、「“SMAPの低視聴率王”になってしまった」(芸能記者)という。

「かつての香取主演作は、シリアス路線、コミカル路線とも大きな反響を呼び、数字だけで考えれば木村拓哉に次ぐ“ドラマ俳優”でした。しかし、『SMOKING GUN』での大爆死から、飯島氏は相当な焦りを感じるようになった。そこで、まずは香取=低視聴率の図式から払拭していこうと考えたようです」(テレビ局関係者)

 香取復活のための作戦とは、主演ではなく「二番手、もしくはキーマン役での連ドラ出演」(同)だという。

「連ドラの低視聴率の責任は、出演者に限れば、全て主演に押し付けられるのが業界の通例です。二番手以下への悪影響は一切ないと考えていい。それどころか、高視聴率を獲得した場合は、主演だけでなく、二番手以下の功績となる場合もあります。同じSMAPでいうと、稲垣吾郎は7月クールで歴史的低視聴率を記録したEXILE・AKIRA主演の『HEAT』(フジテレビ系)に出演していましたが、低視聴率のレッテルを貼られたのはAKIRAだけ。むしろ稲垣や飯島氏は爆死の巻き添えにしてしまったと、AKIRA所属のLDHに“貸し”を作ったほどです」(同)

 とはいえ、こんな“漁夫の利”作戦が、局や制作陣から好まれるはずもない。

「危険に身を晒さずに評価だけ高めたい、という意図がミエミエなだけに、テレビ各局の飯島氏担当プロデューサーたちも、『さすがにそれはムシがよすぎるだろ!』と憤っていますよ。とはいえ、SMAPのみならずKis‐My‐Ft2やSexy Zone、山下智久と多数のタレントを担当する飯島氏だけに、この言い分はすぐに通ってしまいそうですけどね」(制作会社幹部)

 香取は今月17日放送のSPドラマ『一千兆円の身代金』(同)に主演するが、近い将来お披露目されるであろう連ドラ出演では、役柄以前に「出演ポジション」の方が注目されそうだ。

あたちの初・慎吾は『ドク』だったわ~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  12. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  13. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー