「共演者がヘタすぎ」!? 『進撃の巨人』ハマリ役といわれた石原さとみの誤算とは

ishihara1005
『石原さとみ 2014年カレンダー』(株式会社 ハゴロモ)

 人気コミックの実写化として話題を呼び、現在「後篇」が公開中の邦画超大作『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』。当初は最低でも興収30億円と関係者の鼻息も荒かったが、観客動員数は右肩下がりの一途で、20億円も危うい状況だ。

「前篇」では主演の三浦春馬らキャストの演技が酷評される中、唯一、原作ファンから好評だったのが、ハンジ役の石原さとみだった。

「当初は最もイメージが合わないといわれていた石原ですが、劇中ビジュアルが公開されると、『一番合っている』と称賛されました。石原は原作コミックを読み込み、徹底的にハンジを研究したそうです。さらには、アニメ版でハンジ役を演じている声優の朴璐美にも直接、演技指導を受けた。その努力もあり、マッドサイエンティストのハンジを、より原作に忠実に再現できていたように思います」(出版関係者)

 ところが、そんな原作ファンの賛辞とは別に、映画版だけを見た人たちからは、「ただ奇声を発しているだけでキモかった」「キテレツなおばさんにしか見えない」「巨人を倒してもいないし、班長としての威厳もなかった」「あきらかに一人だけ浮いていた」など“好評なはずの演技”に首をかしげる人も多かったようだ。

 その理由を、映画ライターがこう語る。

「良くも悪くもキャストの中で石原だけが、原作に忠実に演じようとしていました。ところが、三浦やヒロインの水原希子をはじめ、主要キャスト全員の演技がヘタすぎて原作のキャラとはかけ離れてしまった。特に後篇はストーリーもかなり変わっていましたし、もはやマンガとは完全に別物といえます。そのため、原作を研究しまくったことが逆にアダとなって、石原だけが浮いているように見えたのでしょう」

 石原にしてみれば、共演者たちがこれほどまで「原作レイプ」演技をしたのは完全に誤算だっただろう。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  11. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  12. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  20. キャラ変え好調の乙武洋匡

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー