「共演者がヘタすぎ」!? 『進撃の巨人』ハマリ役といわれた石原さとみの誤算とは

「共演者がヘタすぎ」!? 『進撃の巨人』ハマリ役といわれた石原さとみの誤算とは

 人気コミックの実写化として話題を呼び、現在「後篇」が公開中の邦画超大作『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』。当初は最低でも興収30億円と関係者の鼻息も荒かったが、観客動員数は右肩下がりの一途で、20億円も危うい状況だ。 「前篇」では主演の三浦春馬らキャストの演技が酷評される中、唯一、原作ファンから好評だったのが、ハンジ役の石原さとみだった。 「当初は最もイメージが合わないといわれていた石原ですが、劇中ビジュアルが公開されると、『一番合っている』と称賛されました。石原は原作コミックを読み込み、徹底的にハンジを研究したそうです。さらには、アニメ版でハンジ役を演じている声優の朴ロ美にも直接、演技指導を受けた。その努力もあり、マッドサイエンティストのハンジを、より原作に忠実に再現できていたように思います」(出版関係者)...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「共演者がヘタすぎ」!? 『進撃の巨人』ハマリ役といわれた石原さとみの誤算とはのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 須藤凛々花に「文春」が激怒中
  2. 安藤美姫、羽生の写真にアンチ爆発
  3. 浜崎あゆみ『しゃべくり』にツッコミ噴出
  4. クワバタオハラは、なぜ嫌われる?
  5. “過激なフェミニスト”アンバー
  6. 波瑠の素顔は美都レベルの「豪腕」?
  7. “不潔すぎて”ドン引きされた女性タレント
  8. 『あなたのことはそれほど』自己最高で幕も……ラストが「男尊女卑」「結局不倫を美化」と非難轟々
  9. 須藤凜々花を“卒業させざる得なかった”裏事情
  10. 皇室ウォッチャーが吐露する、眞子さまのご婚約相手・小室圭さんへの不安
  11. キスマイ、天災で足止めにファン阿鼻叫喚
  12. 『ボク、運命の人です。』最終回に酷評
  13. 『あなそれ』よりリアルな“ダブル不倫”の実態
  14. ジャネット・ジャクソンの離婚騒動
  15. 元SMAPのパチンコ台リリース
  16. 小倉智昭の不倫報道否定に「気持ち悪い」
  17. 自由奔放な紅蘭にアンチ急増中
  18. 浜崎、神田沙也加、体形を叩かれる芸能人
  19. 本当にあった“あなそれ不倫”の恐怖
  20. 『母になる』最終回グダグダで酷評続出

ジャニーズの人気記事

  1. キスマイ、天災で足止めにファン阿鼻叫喚
  2. 『ボク、運命の人です。』最終回に酷評
  3. 元SMAPのパチンコ台リリース
  4. “ハロプロ現場”の魅力と不思議
  5. 『スマステ』以外の番組は継続か?

カルチャーの人気記事

  1. 『あなそれ』よりリアルな“ダブル不倫”の実態
  2. 本当にあった“あなそれ不倫”の恐怖
  3. 「CLASSY.」が“叱られ”のススメ
  4. 「マダム・シンデレラ会」のセレブ妻が妬ましい! 一番かわいかった私が負けるなんて
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. “過激なフェミニスト”アンバー
  2. ジャネット・ジャクソンの離婚騒動
  3. ケイティ・ペリーが96時間生中継
  4. ブランディ姉弟をめぐる数奇な縁
  5. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も