角川慶子の「シロウトで保育園作りました」第97回

私立小お受験シーズン到来、子どものためには保護者や保育園の“ウソ”も止むなし!?

kadokawa97.jpg
業務用空気清浄器が大活躍。合格を祈っています!

 10月から神奈川エリアの私立小のお受験がスタートするので、駒沢の森こども園も感染症やケガに対し、いつも以上に気を遣っています。いままで空気清浄器はシャープのプラズマクラスターを使っていたのですが、ダスキンの業務用空気清浄器を無料お試しで使ったところ、目に見えて効果があったので(フィルターが1週間で真っ黒)、2台導入して万全の態勢を取ることにしました。そして、いつものペーパー対策に加えて、面接練習をしてみることにしました。

 小学校によってはペーパーを行わず、口頭問題のところもあり、面接と試験を兼ねているような部分もあります。たとえば「次の反対の言葉はなんですか? 大きい・深い・古い……」。いつもペーパーはできる子でも、一瞬言葉が出てこない場面もありました。娘のときは、これといってお教室で面接練習はせず、親の練習もしないで挑んでしまったのですが、いま思えばチャレンジャーだったと思います。

 娘の小学校ママに聞くと、「旦那のために面接練習をやったわよ」という声が多く、幼児教室の先生からの父親に対するダメ出しは、妻が意見するより効果があるようです。ただ、子どもを私立に入れたい気持ちのあるお父さんなら効果がありますが、はなから「子どもは公立でいいんだよ!」という否定派なら逆効果かも……。園児の中に「旦那が反対して、国立の学芸大世田谷しか受けられなくなった」という悲惨なお家もありました。国立小学校は抽選もあるので、一次試験に合格しても不合格になる確率も捨てられません。

 子どもに「無試験で行ける公立小学校の存在」を教えていない家庭もあり、驚きました! 去年、その子と話が噛み合ってない気がしたのですが、途中でその子のママとお姉ちゃんが公立のことを教えていないと気づき、それからというもの、私も話を合わせています(笑)。公立に行く子を「近所の学校だよ」と言い換えているのですが、きっと、近所=学芸大世田谷だと思い込んでいるのだと思います。この時期、もうそれでいいのです。どうか波風を立てないで神様! 
 
 娘の受験の時は、公立の存在を教えてはいましたが、学童で駒沢の森こども園に来ていた公立の子と気が合わなかったので、「公立に行くと○○くんみたいな子がいっぱいいるよ」と言ったら、俄然がんばり始めました。このような誘導の仕方は悪いとわかっていますよ。親としても教育者としてもね。でも、受験前にヘソを曲げられたらジ・エンド。小学校受験は人生で一度しかないのです。だから、今、保護者に頼まれれば、その子にウソもつくし、話だって合わせます。むしろ、「角川さんのせいでお受験したがらなくなった」と言われたら恐怖です。内申書の作成も終わったので、あとは無事を祈るのみですね。

角川さん、パワフル!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー