芸能人占い

DAIGO、北川景子と来年1月に結婚!? ささやかれる「政界」進出計画の可能性は……

daigo001.jpg

――芸能界という、普通とは異なる世界に身を置く人々は人には話せない悩みが多いという。そんな芸能人のお悩みを様々な鑑定方法で勝手に占い、解決に導いて差し上げます。ミーシャが占う今回の芸能人は、このお方。

今回のターゲット:DAIGO(本名:内藤大湖)
1978年4月8日生まれ
「DAIGOの仕事運と結婚運」

 第74代内閣総理大臣の竹下登を祖父に持ち、芸能界イチのお坊ちゃんとして知られているDAIGO。指貫きグローブで“Wishポーズ”をキメるのが定番で、お坊ちゃん気質とも天然ともいえる独自のトークが人気で、ミュージシャンとして「BREAKERZ」で活動しながら、バラエティタレントとしても大人気です。プライベートでは、現在交際中の女優・北川景子と来年1月の結婚が報じられていますが、お二人の結婚生活はどんなものとなるのでしょうか。また、政界進出もまことしやかにささやかれており、芸能界から転身の道もあるのかどうか? 占い師に診てもらいました。

――今回、DAIGOさんの鑑定をさせていただく、ミーシャ・コーポレーションの鑑定士・慈光です。どうぞよろしくお願い致します。ご相談内容を、愛波動術にて鑑定しました。

■入籍の可能性は?

 DAIGOさんと北川景子さんの相性は抜群ですので、今後入籍の運びとなるでしょう。DAIGOさんはとても漢気の強い方。責任感も強く、愛する者は必ず自らの手で守りたいと思っていらっしゃるので、ご自身の気持ちや身辺を取り巻く環境の安定といったバランスが取れて、初めて入籍の決意を固めます。北川さんも非常に芯の強い方なのですが、それを前面に出すことはせず、縁の下の力持ちとして男性を支える方なので、お互いの歯車がきっちりと合ったお二人と言えるでしょう。

 ただ、注意しないといけないのが、お互いがお互いに気を遣いすぎて、ご自身の弱みを吐露できない場合が多いこと。それが積み重なると、だんだんと一歩引いた関係となってしまい、いずれ溝となってしまいます。しかもお互いに芯が強いので、溝ができ始めるとすぐに離れる決意が固まってしまいます。本来は強くお互いを想っているからこその一歩引いた距離が、お二人を別れと導いてしまうことになりますので、可能な限り、もっとお互いにいい意味で依存し合うといいかもしれませんね。そこさえ上手にこなすことができれば、いずれ芸能界において好感度の高い夫婦として世間から見られるようなご夫妻になるでしょう。

■政界へ転身の可能性は?

 今現在、DAIGOさんは政界への転身の意志を強く持っているわけではありません。できることなら避けたい、という思いの方が、どちらかというと強いですね。それは政界への嫌悪感ではなく、まだまだご自身にやりたいことがあるからです。

 DAIGOさんは何よりも「自分自身を認めてもらう」ことに重きを置きます。ですから、今政界に入っても、祖父の七光りと見られてしまう、そうでなくても芸能界で人気を得ただけの若輩者として見られてしまう、ということを頭のいい方ですからよくわかっています。特に今は『24時間テレビ』(日本テレビ系)のランナーとして話題になって間もないですから、世間が彼にバラエティ感覚で注目している間、そしてDAIGOさんご自身にその自覚がある間は転身はしないでしょう。

 DAIGOさんは今後マルチタレントとして着実に自らの地位を獲得していきます。決して太いわけではありませんが、細くもなく、そして長い。ちなみに、「元首相の孫」という呪縛は、世間よりもDAIGOさん本人の意識の方が強いのです。その呪縛が緩んだ時、DAIGOさんは徐々に政界への転身を現実的に考え始めるでしょう。「DAIGO」というご自身の存在を、唯一の個体だと絶対的な自信を持てた瞬間ですね。最終的には転身されますが、まだまだ、お茶の間に笑顔を咲かせてくれるでしょう。

慈光(じこう)先生
得意分野は、縁結び・ヒーリング・波動修正など。リピーターとなる相談者も多い、実力派の鑑定士。特定の人を愛さずにはいられない愛波動という術を用いる。

ミーシャ・コーポレーション

※当コンテンツはインフォメーションです。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!