[ジャニーズツッコミ道場]

何もしてないのに愛され始めた、Hey!Say!JUMP・岡本圭人の「いいヤツ」という魅力

okamotokeito.jpg
健一フィルターがない方が魅力が伝わるのよ!

 このところテレビでの露出を高めているHey!Say!JUMP。その中でも、V6・岡田准一をはじめとした先輩たちに「可愛い」「可愛い」と言われ、お茶の間知名度と人気を急速に高めている伊野尾慧のほか、地味ながらじわじわと好感度を高めているのが、岡本圭人だ。
といっても、ピンとこない人は多いだろう。個人仕事で目立っているわけでも、特別話題になることをしたわけでもない。何もしていないのに、少しずつ地味に愛され始めている。なぜなのか。

 例えば、V6とHey!Say!JUMPでパーソナリティを務めた『24時間テレビ』(日本テレビ系)のジャニーズの話題といえば、三宅健の「手話」、かつて事務所内でも最上級のヤンチャだった森田剛&三宅が立派な「大人」になり、後輩に注意を促すほどになっていたこと、グダグダ&気まずくなりそうな空気を変えてくれる岡田のトークスキルと貫禄、優しそうで意外と優しくないイノッチ、ただただ優しい長野博、岡田&三宅先輩仕込みの「可愛さ」を世間にアピールした伊野尾、演技やコントで相変わらずの出来の良さを示した山田涼介&知念侑李、あの日終始ピリピリしていた嵐・櫻井翔など、さまざまだった。

 だが、そんな中、岡本圭人といえば、特に目立った何かをしたわけでもないが、ネット上で「優しそう」「良いやつそう」と多数言われていたのだ。得意の英語で通訳さんの仕事を奪ってしまう場面はあったが、特技を生かしつつも、視聴者たちの印象に残ったのは「英語がすごい」ことより「けっこういいヤツ」ということだった。

 共演した三宅からも、『三宅健のラヂオ』(bayfm、9月8日放送)の中で、V6とJUMP、体の不自由な子どもたちが一緒に挑戦した「ストンプ」の裏話が語られたのだが、そこで話題になったのは岡本のいいヤツぶりだった。

「アイツの車いすの子どもたちに向ける笑顔が、なんかね、すごい優しいのよ。あー、これ、俺だったら惚れちゃうやつだなっていう、すごい優しい顔をしてやっててさ。それがすごい印象的だった」「僕がもしカメラマンなら、そこを抜きたかったね」

イノッチ、圭人のこの感じ好きっしょ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  9. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  13. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー