【スライドショー】

ムキムキからポッチャリ、ガリガリまで! 米男性セレブのセクシーなシャツレス写真集

 今年、アメリカ人女子の間で人気が出ている「ダッドボッド(Dadbod)」な男性。「お父さんのような、だらしのない体型」の男性のことで、安心感が得られること、気を張らなくてよいことから、「交際・結婚する相手に求めるもの」の条件にダッドボッドを挙げる人が急増していると伝えられている。

 とはいえ、彼女たちも「広くてがっちりとした肩幅」「筋肉隆々のたのもしい腕」「割れた腹筋」「キュッと引き締まったお尻」を持つ、彫刻のような美しい体を持つ男性は大好物。インスタグラムに投稿された“ナイスボディ”な男性セレブたちのシャツレス写真をチェックし、「ヤミー(おいしそう)!」「OMG(オーマイ・ゴッド)!」「grrrrrr(ガルルルル)」という鼻血ブー的な大興奮コメントを書き込んでいるのだ。

 今回は、セックスアピールむんむんの半裸写真をインスタグラムに投稿し、世の女子たちの気持ちをかき乱している「シャツレス男子」たちを紹介しよう。

シャツレス男子

1/

img01
img01
img01
img01
img01
img01
img01
img01
img01
img01
img01
img01
img01
img01

img01
img01
img02
img02
img03
img03
img04
img04
img05
img05
img06
img07
img07
img08
img08
img09
img09
img10
img10
img11
img11
img11
img11
img11
img11
img11
img11

ドレイク

今年に入り、肉体改造を始めたラッパーのドレイク。インスタグラムにはワークアウトに励む姿を投稿し、筋肉モリモリになった体も披露している。最近また交際を始めた女子テニスプレーヤーのセリーナ・ウィリアムズに負けじとワークアウト熱をヒートアップさせており、そんな姿がかわいいと女性ファンはうっとり。温かい目で見守られている

タイソン・ベックフォード

スーパーモデルとして大ブレイクした後、俳優としても活躍しているタイソン・ベックフォード。セクシーな黒人男性の代名詞ともなっている彼は、細マッチョな美しい体型を維持し続けており、斜め上から撮った自撮り写真をインスタグラムで頻繁に披露している。シャツのボタンを全開させズボンをギリギリまでズリ下げたキワドイ写真も載せており、「匂い嗅ぎたい~」「あぁぁぁ」というコメントが殺到。「もう少し、ずり下げてほしい」という切望コメントなども書き込まれている。

タイソン・ベックフォード

スーパーモデルとして大ブレイクした後、俳優としても活躍しているタイソン・ベックフォード。セクシーな黒人男性の代名詞ともなっている彼は、細マッチョな美しい体型を維持し続けており、斜め上から撮った自撮り写真をインスタグラムで頻繁に披露している。シャツのボタンを全開させズボンをギリギリまでズリ下げたキワドイ写真も載せており、「匂い嗅ぎたい~」「あぁぁぁ」というコメントが殺到。「もう少し、ずり下げてほしい」という切望コメントなども書き込まれている。

ザック・エフロン

ディズニー・チャンネルのアイドルから青年俳優へと脱皮するために出演した『一枚のめぐり逢い』(2012)で、演じた海軍兵のような体を作り上げたザック・エフロン。以来、マッチョボディをキープしており、「大人になったザック」に女性ファンは歓喜の声を上げている。そんな声に応えるように、ザックはインスタグラムにさりげなくシャツレス写真を投稿。ファンサービスに務めている。

カルヴィン・ハリス

7年間までは垢抜けない“オタクなもやしクン”だったカルヴィン・ハリス。今ではDJとして大成功を収め、大人気歌手テイラー・スウィフトという彼女も手に入れ、この世を謳歌している。アルマーニの下着モデルも務めており、「ツアー中だけどアルマーニの撮影のためにエクササイズは欠かさないよ!」ととびっきりの笑顔でムキッとしたボディを披露。片手を上げてポーズをとっているため「乳首の位置がよろしくない!」と手厳しいコメントもあったが、全体的に「最高~!」と絶賛されていた。

ジョー・マンガニエロ

男性ストリッパーたちを描いたヤミーな映画『マジック・マイク』(12)の役作りのため、彫刻のような美マッチョボディを作り上げたジョー・マンガニエロ。監督も大絶賛した肉体改造を本にまとめるなど、今や立派なワークアウトフリークに。インスタグラムにも苦しみながらウェイトトレーニングする写真を公開しており、たくさんの「いいね!」を獲得している。

スコット・イーストウッド

CMなどで、均整の取れた見事なボディを披露しているスコット・イーストウッド。父クリントから「健康な肉体、健康な心が大事」と教えられているという彼は、ストレスなく“それなりに”肉体をキープしていきたいと公言。しかしインスタグラムには、アグレッシブにワークアウトする野獣的な写真を投稿しており、「オンオフの差が激し過ぎるぅ!」と女子を虜にさせている。

ジャスティン・ビーバー

今年はじめに「好青年になります宣言」し、ダサいシャツを着まくっていたが、最近はシャツレスに逆戻りしているジャスティン・ビーバー。インスタグラムにはファンを喜ばせるため、シャツレス写真だけでなく、パンツ姿やオールヌードまで投稿。オールヌードは削除されているが、「ケツが白くて女子みたいだった」、パンツ一丁写真は「タトゥーが汚すぎるし、筋肉もイマイチ」と酷評。しかしビリーバーと呼ばれる女子ファンたちは「すてき~!」と大絶賛していた。

ジェームズ・フランコ 

映画で共演したセレーナ・ゴメスから「本当にキモかった」と言われたジェームズ・フランコは、18禁な下ネタが大好きな役者。インスタグラムでは、そんな彼らしい写真が投稿されており、「あまり引き締まってない、乳首と胸毛がキモ過ぎるシャツレス写真」やベッドに横になっている上半身はだかの自撮り写真などを披露。ファンのコメントも「キモいけど、キュートだから許す」という微妙なものが多いが、あえて「キモ好き女子」を狙っているのだろうと推測されている。

ジェームズ・フランコ 

映画で共演したセレーナ・ゴメスから「本当にキモかった」と言われたジェームズ・フランコは、18禁な下ネタが大好きな役者。インスタグラムでは、そんな彼らしい写真が投稿されており、「あまり引き締まってない、乳首と胸毛がキモ過ぎるシャツレス写真」やベッドに横になっている上半身はだかの自撮り写真などを披露。ファンのコメントも「キモいけど、キュートだから許す」という微妙なものが多いが、あえて「キモ好き女子」を狙っているのだろうと推測されている。

イアン・サマーホルダー

新婚ホヤホヤで幸せの絶頂にいるイアン・サマーホルダー。ドラマ『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のセクシーな吸血鬼として大ブレイクした彼は、もともとモデルだったため、ナイスボディの持ち主だった。今は若干幸せ太りしているが、がっちりとした上半身は思わず抱きつきたくなると世の女性に大好評。ワイングラスを片手に遠くを見つめるシャツレス写真には、「あぁ、神さま」というため息がコメント欄にたくさん書き込まれていた。

パトリック・シュワルツェネッガー

アバズレ街道まっしぐらマイリー・サイラスと破局してしまったパトリック・シュワルツェネッガーのインスタグラムは、友人とワチャワチャしている写真や、家族との写真、日本旅行の写真など、セクシー写真とはほぼ無縁。しかし、半裸で犬を抱きながらリラックスする写真や、モデルをしているセクシーな写真(こちらはラニングシャツ着用)などを時々貼っており、「涎が垂れちゃう」とファンには好評だ。

ゲーム

 一時は不摂生がたたりメタボ太りと揶揄されたが、その後、真面目にワークアウトをするようになり、今や安定したマッチョボディを誇るようになったラッパーのゲーム。ジムでのショットや、缶詰になったレコーディング・スタジオのトイレでの自撮りショットなど、ご自慢のボディを惜しげもなく披露しており、「その体にベビーのようなスマイルがたまらない」と女性ファンをしびれさせている。

ウィズ・カリファ

「ハリウッド一のアバズレ」と称される、モデルのアンバー・ローズと結婚していたウィズ・カリファは、「タトゥーだらけのマリファナ愛好家」として知られており、運動とは無縁のため超ガリガリ。しかし、ご自慢のタトゥーを見てほしいのか、シャツレスになることを好み、インスタグラムにも大量の半裸写真を投稿。コメントしづらい写真ばかりなのだが、タトゥー好きな女性は「セクシー」と感じるようで、酒とハッパでヨレヨレの写真にも母性をくすぐられているようである。

自分の体に無防備な男子が一番エロいのよね~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  7. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “消えたAKB48”河西智美は今
  10. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. ムショ飯はうまいのか?
  13. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  16. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  17. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 新春ジャニオタ放談
  20. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!