突然の死から7年

飯島愛ブログに7万件超のコメント! ブログ閉鎖で見直される「姉御タレント」の存在

_iijimaai.jpg
「ナイショ DE アイ!アイ!」今もたまに思い出す

 2008年に36歳の若さで亡くなった飯島愛さんのオフィシャルブログ「飯島愛のポルノ・ホスピタル」が、飯島さんの誕生日である10月31日をもって閉鎖されることがわかった。管理を続けてきた両親の高齢化に伴うものであるという。

 飯島さんは、AV女優を経て、タレントとして活躍していたものの、07年3月いっぱいで芸能界を引退。その後、08年12月24日に自宅マンションで死亡しているのが発見された。最後の更新日となった12月5日のブログエントリーには、彼女の死後もコメントが寄せられ、現在その数は7万件を超える。

「ここでしか言えない打ち明け話や、悩み相談を書くファンも多くいます。寂しいときに飯島さんのブログを訪れ、コメントを残すことで、自分自身を励ます……といった使い方をしているようです。ブログ閉鎖が決まってからは、管理を続けてきたご両親に対する感謝のコメントも増えました」(芸能ライター)

 飯島さんは、2000年に半自伝的小説『プラトニック・セックス』(小学館)を上梓。AV出演や非行、中絶、整形手術などをカミングアウトし、映画化、ドラマ化もされベストセラーとなり、「同作がきっかけで、悩みを抱える若者の姉御的ポジションのタレントになった」(同)という。

 そんな彼女の知られざる仕事が『飯島愛の@llnightnippon Sunday.com』(ニッポン放送)。01年10月から03年3月まで日曜の深夜に放送されていた。

「番組の内容は、彼女のキャラクターが生かされたゆるいフリートークとともに、リスナーからの悩み相談も受け付けていました。この時間帯のラジオは若いリスナーも多い。10代の男女からは、性の悩みや恋愛相談が寄せられ、時にはリスナーと直接電話をつないで話すこともありました」(同)

 ラジオフリークとして知られる放送作家・ライターの川野将一氏は著書『ラヂオブロス』(バジリコ)において、飯島の番組を以下のように評する。

「これまでの芸能界の流れでいったらタレントから文化人に変われるタイミングではある。だが、飯島愛はバカなままだ。いい意味でバカなままだ」
「20世紀最後のベストセラーを経て、21世紀に生まれた最強女性パーソナリティ。すべてをさらけ出した女は限りなく強い」

 ラジオでは、その人の“素”の姿が出やすい。人生に対する不器用さ、コンプレックスなども、リスナーの共感を呼びやすく、パーソナリティーの味となる。日曜深夜にひっそりと放送されていたラジオが、「等身大の“飯島愛”に触れることのできる番組であったことは確か」(同)だという。

 ブログ閉鎖まであと1カ月。ファンからの哀悼のコメントは増え続けるだろう。
(平田宏利)

飯島愛みたいなタレントって確かにいない

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏
  6. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  7. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. キャラ変え好調の乙武洋匡
  12. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  16. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. さくらまや「別人!?」と視聴者あ然

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー