秋ドラマの注目作!

西内まりや、『エンジェル・ハート』主題歌決定に「余計な歌いらん」! ゴリ押し批判噴出

saveme_nishiuchi.jpg
「Save me」/SONIC GROOVE

 歌手でモデルの西内まりやが、10月11日スタートの新ドラマ『エンジェル・ハート』(日本テレビ系)の主題歌「Save me」を歌うことになった。西内にとっては4月クールの深夜ドラマ『恋愛時代』(日本テレビ系)に続いて、自身の作詞・作曲による主題歌を担当することになったが、そんな西内に「ゴリ押し」との声が上がっているようだ。

ネット上では、「剛力みたいなプッシュだな。これは嫌われるパターンだわ」「すごいゴリ押し」「いろいろ手を出して、結果がついてこないと、何もできない人と言われるぞ」「西内まりやの本職って何?」「TMNの『Get Wild』でいいじゃん、余計な歌はいらん」との声も出ている西内。だが「ゴリ押し」批判は以前からも噴出していたという。

「レコード大賞新人賞を受賞したり、知名度がまだまだ低いにもかかわらず連続ドラマに主演するなど、確かに目に見えて押されている感じはしますね。しかし、CDはさほど売れていないし、主演ドラマ『ホテルコンシェルジュ』(TBS系)も視聴率が一度も2ケタを記録することがないまま終了と、露出増加に人気が追いついていないのでは。そこへ来て、今度はドラマの主題歌を担当、しかも歌うだけでなく、作詞作曲まで手がけるというのだから、さらにゴリ押しの印象を強めてしまいます。ソングライターとしての実績がほとんどない西内に、プライムタイムドラマ主題歌を任せるなんて、日本テレビもどうかしていますよ。事務所からの猛プッシュを断れなかったのか、それともゴーストライターでも立てているんですかね」(スポーツ紙記者)

 同ドラマは、累計発行部数5,000万部を超える人気コミック『シティハンター』(集英社)のスピンオフ版ともいえる、同名タイトルのコミックが原作。『シティハンター』は1980年代にアニメ化され、エンディングテーマにTM NETWORK(現TMN)の「Get Wild」が使われ、彼らの出世作にもなった。「それだけに、主題歌に思い入れがあるファンが多く、西内にブーイングが起こっている状態です」(同)という。

「コミックやアニメの実写化というのは、キャスティングにおいて、従来のファンから不評が付きまとうものですが、今回主人公の冴羽リョウを演じる上川隆也に対しては好意的な声が多く、ドラマ化への期待も大きかったんです。しかし、西内のゴリ押し起用で、その評判もガタ落ちに。彼女の所属事務所はライジングプロダクションですが、昨年、稼ぎ頭だった安室奈美恵の独立問題が表面化したのをキッカケに、ゴリ押しが目立つようになったと言われています」(同)

 歌もドラマもパッとしないまま、今度は作詞作曲へと乗り出したという西内。ゴリ押しが報われる日は来るのだろうか?

曲のテーマは“人間愛”だそうです(棒)

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  6. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  11. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  17. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー