[官能小説レビュー]

『耳の端まで赤くして』から読み解く、女子校=官能的な場所として描かれる理由

miminohasimade.jpg
『耳の端まで赤くして』(幻冬舎)

■今回の作品
『耳の端まで赤くして』(館淳一、幻冬舎)

 今も昔も、官能小説の舞台に取り上げられやすいのが女子校である。筆者も高校時代は女子校に在学していたことから、女子校と官能が直結することは容易に想像できる。

 女子だけの秘密の園である校内には、在学生だけにしか理解しあえない“不可思議な関係性”が存在していた。バレンタインや誕生日に、名物のモテる先輩にチョコレートを送るのはよくある方で、実は「2人はレズビアンでは?」と感じさせる生徒が多くいた。

 例えば筆者の学校には、お互いに男性の恋人がいるにもかかわらず、校内では恋人同士のように振る舞う同級生がいた。彼女たちは共に昼食を食べ、手をつなぎ、図書館ではぴったりと体を密着させて何かを囁き合っていた。キスをしていた、休日に郊外のラブホテルから出てきた、なんていううわさが立ったこともある。また、女子校では、生徒と男性教員との関係がうわさされることはしょっちゅうだが、女性教員とのうわさもちらほら流れることがあった。

 これらは全てうわさで、校内で都市伝説化していた部分もあるが、まだ10代と若く、恋愛対象が曖昧だった頃を振り返ると、あながちうわさだけでもなかったのかもしれないと思う。そして不思議なのが、こうしたうわさが立つ女生徒の大半は、美少女だったのだ。

 今回ご紹介する『耳の端まで赤くして』(幻冬舎)に登場する主人公・絵梨子は、お嬢様女子校に通うまっすぐな黒髪がトレードマークの美少女だ。
 
美しい絵梨子は、さまざまな人物から性の標的にされる。親友のユカとは抱き合ったりキスをしたり、お互いの性器に触れ合ったりする仲。夜になると、毎晩のように兄がベッドに潜り込んできて、寝たふりをしている絵里子の体を撫で回し、彼女の体を「検査」するのだ。

 絵梨子を狙う者はほかにもいる。校内でユカといちゃついていた絵里子は、保健室の先生である美雪先生に呼び出されて「お仕置き」を受ける。また男性教員、学園のマドンナなど、老若男女が入り乱れながら、絵梨子にセックス直前の行為をしたり、「我慢」という名目のプレイを繰り広げている。

 美少女・を主軸に、レズビアンや近親相姦などのシチュエーションてんこ盛りな物語。一見、定番スタイルの官能小説であるが、読み進めるたびに深く魅了されてしまうのは、人それぞれの性的指向とは別に、私たち女が一度は通ってきた若さゆえの「曖昧な性の境界線」を垣間見るからではないだろうか。特に女性は、無意識のうちに柔らかくて可愛いものに惹かれてしまう。だからこそ、男性よりも簡単に性別の境界線を飛び越えることができるのかもしれないと思うのだ。

傍観者からすると女子校の結束感も眩しい

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  7. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム