必殺「ワインをこぼした」との言い訳

ヴィクトリア・ベッカムの尿漏れ疑惑が、夫婦不仲説にまで飛び火!

VictoriaBeckham02.jpg
「尿漏れなんかしないわよっ!」って顔して、こっそり漏らすという快楽を早く覚えて!

 アイドル歌手からファッションデザイナーへと転身し、成功を収めたヴィクトリア・ベッカム(41)。長男ブルックリン、次男ロメオ、三男クルーズは母親思いの優しい子に成長しており、サッカー選手を引退しても引き締まった体を維持している夫のデビッド(40)は4歳になる長女ハーパーの世話を喜んで引き受けてくれるイクメン。勝ち組人生を歩んでいる彼女だが、差し迫る尿意には勝つことができなかったようだ。おしゃれにはきこなした黒のスキニージーンズの股間部分に大きなシミをつけているところをパパラッチされ、複数の米英メディアで報じられてしまったのである。

 問題の写真は今月22日夜に撮影されたもの。ヴィクトリアはこの夜、デビッドと共にロンドンのドーバー・ストリートにある自身のショップ「ヴィクトリア・ベッカム」本店の1周年記念パーティーに繰り出していた。パーティーはプライベートなもので、夫婦は深夜2時に帰宅したのだが、その際、ヴィクトリアのズボンの股間にくっきりと大きなシミがついていたのである。ヴィクトリアは黒のスキニージーンズに、キャミソール、ピンヒールにサングラスという姿。この日のロンドンは最低気温が10度を下回っており、かなり寒かった。そのため漏らしてしまったのではないかと、ネット上は騒然となった。

 ヴィクトリアのインスタグラムには、この夜に撮影した夫のデビッド、友人のナオミ・キャンベル、パーティー用に店内をデコレーションした芸術家のマーティン・クリードらとのツーショット写真が投稿されている。マーティンの作品により、店内は大量の大きな風船で埋め尽くされており、ヴィクトリアは童心に帰って風船と戯れ、派手に転倒している写真なども投稿。転んだ拍子に思わず漏れたのではという臆測も流れた。

 ヴィクトリアは4人の子どもを帝王切開で出産しているが、帝王切開でも妊娠により骨盤底筋群が緩むため、産後に尿漏れや尿失禁してしまう人は少なくない。また、加齢により尿失禁しやすくなる女性が多いという事実もある。そのため、「4人も産んだのだし、41歳なのだし」と同情する声が上がった。一方で、英大手タブロイド紙「デイリー・メール」電子版に掲載されたこの時の動画には、能面顔で前を歩くデビッドの腕にヴィクトリアが必死につかまり、転ばないように千鳥足で歩く姿が確認できるため、「泥酔して漏らしたに違いない」と冷ややかな目で見る者もいた。

 なにはともあれ、尿漏れは生理的な現象なのだから仕方ないのだが、翌日「おもらしじゃない!」と否定する報道が流れた。

 報じたのは米大手芸能誌「Usウィークリー」。複数の消息筋から、「ヴィクトリアは先日開催されたファッションショーのために全身全霊を注いできた。エネルギーを使い果たした状態で、昨夜のパーティーに出席したんだ。リラックスしたヴィクトリアは何杯かアルコールを飲み、楽しい時を過ごしていた。気が緩んだのか、誤ってワインをこぼしてしまったんだ」という情報を得たとのことで、「ズボンのシミは尿ではなくワイン」だとおもらし説を打ち消したのだ。

尿漏れなんて、さらっさら~のサラサーティーほど気にする必要はない

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. “消えたAKB48”河西智美は今
  13. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 新春ジャニオタ放談
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 他人の記事をパクるのはこんな人
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー