その他
【ジャニーズ研究会レポート】

A.B.C-Z五関晃一、新曲の振付を河合郁人に“全却下”されて苦笑い

jgoseki08.jpg
ごっちとふみきゅんの戯れはすべて夫婦ゲンカにしか見えない

【ジャニーズ研究会より】

<ジャニタレ掲載誌チェック!!>

 メジャーデビューから3年にして初のCDシングル「Moonlight walker」を9月30日にリリースするA.B.C-Zが、「オリスタ」10月5日号(オリコン・エンタテインメント)の表紙に登場。インタビューのほか、“大人カッコイイ”をイメージした新曲に合わせてシャンパングラスを手にしたショットなど、ややシックなグラビアも目を引く。

 ちょっと懐かしい歌謡曲のメロディとグルーヴィーなダンスサウンドを融合させた今回の新曲。メンバーが制作にもかかわっているそうだが、今回のインタビューから見えるのは、高いセルフプロデュース能力だ。

 選曲段階では全員がアイデアを出すそうだが、コンサートの演出などグループの“見せ方”にこだわる河合郁人が「(今回は)映像ではない分、動きではなく曲で聴かせないといけない」「1stだからこそ……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク