その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「アイドルとしての誇りを持ってくれ」、V6岡田准一を押しとどめたメンバーの一言

「アイドルとしての誇りを持ってくれ」、V6岡田准一を押しとどめたメンバーの一言

 今年はデビュー20周年のメモリアルイヤーということに加えて、8月に放送された『24時間テレビ』でHey!Say!JUMPとともに2世代メインパーソナリティを務めてこともあり、テレビ番組や雑誌などの露出が非常に多いV6。「Wink up」2015年10月号(ワニブックス)でも、表紙と巻頭特集に登場し、20th Century(トニセン)とComing Century(カミセン)に分かれての対談や、過去の「Wink up」に掲載された写真との比較、Hey!Say!JUMPからの質問に答えるコーナーなど、さまざまな企画で20年の歩みを振り返っている。  メンバーの証言や写真比較などからわかった、デビュー当時から一番変ったメンバーと言えば岡田准一。まずはその容姿の変化が、カミセン座談会でやり玉にあがった。座談会中に昔の誌面を見ていると、岡田が一時期カラーコンタクトを入れていたことが発覚。すかさず三宅が、「どうなの、これ? カラコンしてた自分を見てどうなの!」と畳みかけ、岡田も「いやっ…まぁ、(当時)22歳ぐらいですからね。許してあげましょうよ」「そう…25歳まではね? 2005年までは細くいようて決めてたの」とタジタジ。近年ではカリやジークンドーといった武術を習得し、体もグッと厚みを増して、アクションシーンもお手のものになっている岡田だが、デビュー10周年まではアイドルらしいビジュアルをキープしようと決心していたか。...

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「アイドルとしての誇りを持ってくれ」、V6岡田准一を押しとどめたメンバーの一言のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 渡辺謙、「不倫謝罪会見」開かない裏側
  2. 若手俳優の主演映画が「空席だらけ」!?
  3. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  4. 木村拓哉トヨタCM契約が終了
  5. メル・B、離婚申請した夫に3Pを強要された
  6. ココ・オースティンのエロすぎるママライフ
  7. プウ美ねえさん流体重キープ術
  8. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参
  9. G・パルトローのサイトでセックス特集
  10. ケイト・アプトン、爆乳がこぼれんばかり
  11. 皮膚科医が“顔ダニ恐怖症”に警鐘
  12. タイで護送車に揺られる山辺節子の姿に思うこと
  13. 紗栄子、“撮影禁止”ショーが茶番!?
  14. 伊野尾慧の“禁断のデコ”
  15. 『貴族探偵』初回11.8%にフジ絶句!?
  16. 高島彩「Domani」で優等生発言
  17. 国分太一「老眼鏡デビュー」
  18. 山辺節子がタイ人ホストにハマったワケ
  19. プウ美ねえさんの考える“友達”
  20. ウーマン村本はなぜ「童貞」っぽいのか

ジャニーズの人気記事

  1. 木村拓哉トヨタCM契約が終了
  2. 伊野尾慧の“禁断のデコ”
  3. 『貴族探偵』初回11.8%にフジ絶句!?
  4. 国分太一「老眼鏡デビュー」
  5. 『PとJK』、空前絶後の大コケ

カルチャーの人気記事

  1. 高島彩「Domani」で優等生発言
  2. 山辺節子がタイ人ホストにハマったワケ
  3. アントニオ猪木が元愛人と結婚!
  4. 「婦人公論」保奈美の新連載がヤバイ
  5. 孤独死まっしぐらのアラフィフ姉……「お気の毒♪」って笑ってたら、私も突然未亡人に!?

海外ゴシップの人気記事

  1. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  2. メル・B、離婚申請した夫に3Pを強要された
  3. ココ・オースティンのエロすぎるママライフ
  4. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参
  5. G・パルトローのサイトでセックス特集