その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「アイドルとしての誇りを持ってくれ」、V6岡田准一を押しとどめたメンバーの一言

jokada01.JPG
「末っ子の反抗期」はファンにはたまらない単語!

【ジャニーズ研究会より】

<アイドル誌チェック!!>

 今年はデビュー20周年のメモリアルイヤーということに加えて、8月に放送された『24時間テレビ』でHey!Say!JUMPとともに2世代メインパーソナリティを務めてこともあり、テレビ番組や雑誌などの露出が非常に多いV6。「Wink up」2015年10月号(ワニブックス)でも、表紙と巻頭特集に登場し、20th Century(トニセン)とComing Century(カミセン)に分かれての対談や、過去の「Wink up」に掲載された写真との比較、Hey!Say!JUMPからの質問に答えるコーナーなど、さまざまな企画で20年の歩みを振り返っている。

 メンバーの証言や写真比較などからわかった、デビュー当時から一番変ったメンバーと言えば岡田准一。まずはその容姿の変化が、カミセン座談会でやり玉にあがった。座談会中に昔の誌面を見ていると、岡田が一時期カラーコンタクトを入れていたことが発覚。すかさず三宅が、「どうなの、これ? カラコンしてた自分を見てどうなの!」と畳みかけ、岡田も「いやっ…まぁ、(当時)22歳ぐらいですからね。許してあげましょうよ……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク