日本も揺るがす大スキャンダルへ

キム・ヒョンジュン、“疑惑”のパパに!? DNA鑑定の結果次第で「タレント生命の危機」も

ridarida.jpg
『THE BEST OF KIM HYUN JOONG』/Universal Music =music=

 9月10日、キム・ヒョンジュン(SS501)と慰謝料16億ウォン(約1億6,000万円)をめぐり係争中の元交際女性が、弁護士を通じて、「9月初めにヒョンジュンの子どもを出産した」と公表した。今年5月12日、陸軍に入隊したヒョンジュンだが、女性の出産で、昨年から続くDV・妊娠騒動は新たな局面を迎えている。

 女性はヒョンジュンの入隊が目前に迫る中、「昨年5月、ヒョンジュンの暴力で彼の子どもを流産して、示談金6億ウォン(約6,000万円)が支払われた」と暴露。さらに7月には、「昨年7月に再び妊娠したが、ヒョンジュンが出産を望まず中絶した。中絶したばかりで暴力を受けた」と明らかにして、スマホの通信アプリ「カカオトーク」で交わしたヒョンジュンとのやりとりの一部も公開。そこには、女性に暴言を吐くヒョンジュンのメッセージがはっきり記されていた。

「女性が後出しで爆弾発言を繰り返すため、妊娠やDV被害の時系列がややこしい状況になっています。彼女の主張によると、ヒョンジュンとの交際期間は2012年春から14年末。2年半ほどの交際で3度も妊娠したことになりますが、最初の妊娠の際には、これといった証拠もないまま、示談金を払ってしまった。3度目の妊娠は破局直後に発覚したそうですが、やはり証拠をまったく提示しないので、ヒョンジュンは狂言を疑っていました。でも、女性の出産が事実となれば、状況はかなり変わってきます」(韓国芸能記者)

 あの手この手で世間の関心を引っ張り、ヒョンジュンをさらし者にする女性の存在は、17年2月に除隊を予定している彼の芸能界復帰に暗雲をもたらしかねない。

「ヒョンジュンの復帰後の活動を危ぶむ声が出ています。もし仮に女性が産んだ子どもがヒョンジュンの実子だった場合、彼女との関係は完全には切れなくなる。ヒョンジュンが今後どんなに活躍しても、次から次へと暴露を重ねる女性が、事あるごとに水を差す可能性も十分あります。双方の言い分が違うので真実は定かではありませんが、スキャンダルの内容が強烈で、ヒョンジュンにとっては大きすぎるイメージダウンです」(同)

 出産を知ったヒョンジュンは、すぐさまDNA鑑定に必要な毛髪の採取に臨み、その姿を収めた証拠写真を公開。鑑定にいつでも応じる姿勢を見せているが、女性は「実子確認の訴訟」にこだわっている。出産の事実、実子か否かの確認で、泥仕合はさらに激化しそうだ。

「彼女の愛犬Tシャツに激震」のレベルじゃない

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク