[ジャニーズ最新言行録]

「キスマイイチ腹黒い」Kis-My-Ft2・宮田の“腹黒論”にメンバーも「極めてますね」

miyata02.jpg
腹黒女王・指原にはかなうまい

 バラエティ番組のレギュラーを多数抱え、笑いも取れるアイドルとして定着してきたKis‐My‐Ft2。トークにおいてメンバー同士の軽快な掛け合いが評判だが、そこには個々の“キャラ分け”への自覚がきちんとあるようだ。

 藤ヶ谷太輔・横尾渉・宮田俊哉の3人がパーソナリティーを務めた『Kis‐My‐Ft2 キスマイRadio』(文化放送、9月17日放送)では、「普段みんなすごいいい人じゃん」という藤ヶ谷の言葉から、プライベート時と仕事時のメンバーの様子について話が展開された。

 藤ヶ谷が言うには、雑誌の取材などで2ショットや接近を求められたとき、「え? なんで?」と刺々しく口にすることがあるものの、それは「わざとコミュニケーションとして」言ってるのであり、普段は絶対言わないんだそう。これに横尾も、「あれでしょ、メイキングが回ったときだけ宮田をいじるみたいな」と、キスマイお得意の“宮田いじり”もカメラの前だけであると暴露。「そうしなきゃって思っちゃう瞬間ない?」という藤ヶ谷の言葉に、宮田も「うん、わかるわかる」と食い気味に同意し、実は自身も“いじられキャラ”としての自覚がある様子だ。
 
 そんな中、リスナーから「見た目とのギャップで腹黒いと言われます。まあまあないじられキャラなので、冗談で言っているのはわかりますが、やっぱり気にしてしまいます」というお便りが届き、これに宮田は、「自分に関しては自分で腹黒いと思ってるからね」と、いじられることに関してまったく気にしていないと言う。藤ヶ谷も「キスマイイチ腹黒い」と認める宮田だが、

「みんなでたまにごはんとか食べに行ったりするときあるじゃん。そういうときに、みんな冗談でさ『あ、北山(宏光)さんごちそうさまでーす!』みたいなさ。冗談で言ってるつもりが、俺、結構マジでおごってもらおうとしてる」

と、実際に起こった腹黒エピソードを自ら紹介。「計算ができてるんだろうね」と感心する横尾に対し、宮田は、「腹黒いやつは計算がうまいっていう。ポジティブに考えよう!」と、リスナーを励ました。その後も

「『おまえもうしょうがねーなー!』とか、言われるタイプになったら、もう勝ちみたいなね」
「グレーはよくない。やるならやる、やらないならやらないって教わってきたから」

と、自身の“腹黒論”について語り、藤ヶ谷からは「極めてますね、すごい」と感心されていた。

 メンバー内で自分はどのポジションにつくべきか考え、実は計算高く“いじられキャラ”を演じていた腹黒宮田。「普段はみんないい人」というメンバーだが、こうしてバラエティ用の顔を使い分けているようだ。

玉森はそんな宮田を愛してるから……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 『カウコン』意外な舞台裏
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  8. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  9. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  10. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  11. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  12. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  13. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  18. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー