[ジャニーズ最新言行録]

「キスマイイチ腹黒い」Kis-My-Ft2・宮田の“腹黒論”にメンバーも「極めてますね」

miyata02.jpg
腹黒女王・指原にはかなうまい

 バラエティ番組のレギュラーを多数抱え、笑いも取れるアイドルとして定着してきたKis‐My‐Ft2。トークにおいてメンバー同士の軽快な掛け合いが評判だが、そこには個々の“キャラ分け”への自覚がきちんとあるようだ。

 藤ヶ谷太輔・横尾渉・宮田俊哉の3人がパーソナリティーを務めた『Kis‐My‐Ft2 キスマイRadio』(文化放送、9月17日放送)では、「普段みんなすごいいい人じゃん」という藤ヶ谷の言葉から、プライベート時と仕事時のメンバーの様子について話が展開された。

 藤ヶ谷が言うには、雑誌の取材などで2ショットや接近を求められたとき、「え? なんで?」と刺々しく口にすることがあるものの、それは「わざとコミュニケーションとして」言ってるのであり、普段は絶対言わないんだそう。これに横尾も、「あれでしょ、メイキングが回ったときだけ宮田をいじるみたいな」と、キスマイお得意の“宮田いじり”もカメラの前だけであると暴露。「そうしなきゃって思っちゃう瞬間ない?」という藤ヶ谷の言葉に、宮田も「うん、わかるわかる」と食い気味に同意し、実は自身も“いじられキャラ”としての自覚がある様子だ。
 
 そんな中、リスナーから「見た目とのギャップで腹黒いと言われます。まあまあないじられキャラなので、冗談で言っているのはわかりますが、やっぱり気にしてしまいます」というお便りが届き、これに宮田は、「自分に関しては自分で腹黒いと思ってるからね」と、いじられることに関してまったく気にしていないと言う。藤ヶ谷も「キスマイイチ腹黒い」と認める宮田だが、

「みんなでたまにごはんとか食べに行ったりするときあるじゃん。そういうときに、みんな冗談でさ『あ、北山(宏光)さんごちそうさまでーす!』みたいなさ。冗談で言ってるつもりが、俺、結構マジでおごってもらおうとしてる」

と、実際に起こった腹黒エピソードを自ら紹介。「計算ができてるんだろうね」と感心する横尾に対し、宮田は、「腹黒いやつは計算がうまいっていう。ポジティブに考えよう!」と、リスナーを励ました。その後も

「『おまえもうしょうがねーなー!』とか、言われるタイプになったら、もう勝ちみたいなね」
「グレーはよくない。やるならやる、やらないならやらないって教わってきたから」

と、自身の“腹黒論”について語り、藤ヶ谷からは「極めてますね、すごい」と感心されていた。

 メンバー内で自分はどのポジションにつくべきか考え、実は計算高く“いじられキャラ”を演じていた腹黒宮田。「普段はみんないい人」というメンバーだが、こうしてバラエティ用の顔を使い分けているようだ。

玉森はそんな宮田を愛してるから……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク