ジャニーズグループ視聴率検証【関ジャニ∞・Kis-My-Ft2】

関ジャニ∞ vs Kis-My-Ft2、バラエティ担当ジャニーズの軍配は? 視聴率から徹底分析

 同じ7人組グループで、バラエティ色の強い関ジャニ∞とKis-My-Ft2。コテコテの関西ノリで突っ走る関ジャニ∞とSMAP・中居正広らに鍛えられたKis-My-Ft2はグループの特色もまったく異なるが、それぞれのグループが出演するテレビ番組の視聴率はどれくらい稼いでいるのか、2015年1月から9月中旬までのデータをもとに振り返る。

◎深夜帯『関ジャム』は最高6.5%、『クロニクル』は苦戦

kanjani06.jpg
村上の独走態勢はいつまで続く?

 関ジャニ∞は5月から『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)と、フジテレビで初のレギュラー冠番組『関ジャニ∞クロニクル』がスタート。『関ジャム』は2011年9月~今年3月まで土曜日のゴールデンタイムで放送された『関ジャニの仕分け∞』(テレビ朝日系)と入れ替わりで始まったが、日曜午後11時15分~午前0時10分に“格下げ”。岸谷香と西野カナを迎えた10日の初回は4.3%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)で、裏の民放1位はSMAP・草なぎ剛がゲスト出演した『ヨルタモリ』(フジテレビ系、9.9%)だった。

 9月2週目までで3%台を記録したのはジャニーズの先輩・近藤真彦が出演した7月26日が3.7%、高橋優とのロケ企画などを放送した8月16日と9月6日(ゲストはSEKAI NO OWARI・一青窈)が3.6%を記録。8月30日は午後10時52分~午前0時10分までの拡大版で放送され、きゃりーぱみゅぱみゅに加えX JAPANのYOSHIKIが6年ぶりにバラエティ出演し、番組最高の6.5%を獲得。一部放送時間が重なり、強敵だった『ヨルタモリ』は9月20日が最終回で、後番組はベッキーとオードリー・若林正恭がMCを務める『人生のパイセンTV』が開始するが、『関ジャム』の視聴率にどう影響するのか?

 関ジャニ∞がロケやコントなどに挑戦する『関ジャニ∞クロニクル』(土曜午後1時30分~2時)は5月16日にスタート。初回は5.0%を記録した前時間帯の『有吉くんの正直さんぽ』から下がり、3.6%という結果に。その後の番組『IPPONスカウト』は3.7%で『関ジャニ∞クロニクル』を上回っていた。最低記録は2.4%(6月6日放送)で、最高は6.0%(7月25日・8月22日)と、前番組『正直さんぽ』の影響や企画内容の違いによるものなのか数字は安定していない。

◎丸山『サタデープラス』、村上『月曜から夜ふかし』の成績は?
 また村上信五、丸山隆平、安田章大が出演する火曜午後7時54分~8時54分放送の『ありえへん∞世界』(テレビ東京)はもともと民放の中でも視聴率が低いテレビ東京での放送とあって通常は5~6%前後だが、衝撃映像を放送するスペシャルは好評なよう。直近では「世界と日本の知られざる絆」と題した8月11日のSPが4.9%だったのに比べ、衝撃映像SPは8.4%(8月25日)、8.6%(9月8日)を獲っていた。村上と横山裕が木曜レギュラーとして出演する『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)は、8月31日~9月11日の月~金の数字と比較すると、9月3日が6.8%、10日は6.7%でいずれも2位。全曜日の中での1位は、後輩のHey!Say!JUMP・有岡大貴&八乙女光が出演する火曜日となった。

 そして個人でも複数のレギュラーを持つ村上は、マツコ・デラックスと共演している『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)が午後11時59分~午前0時54分の放送でも1ケタ後半~12%を記録。4月15日からスタートした『村上信五とスポーツの神様たち』(フジ系、水曜午前0時55分~1時25分)は開始以来の最低が0.8%(5月6日・9月9日)、最高は2.9%(7月15日・29日)。さらに関西テレビで放送されていた『村上マヨネーズのツッコませて頂きます!』(金曜午前1時40分~2時10分)も4月17日からフジテレビで放送開始されたが、こちらは他番組を含めた『フジバラナイト FRI』という枠で数字が出ており、0.9%~2%台だ。

 丸山は4月4日から土曜朝の生活情報番組『サタデープラス』(TBS系)が開始。初回は5.7%で、その後は3~7%をたどっている。9月12日は3.2%で、裏の『ウェークアップ!ぷらす』(日本テレビ系、8.2%)、『朝だ!生です旅サラダ』(テレビ朝日系、5.5%)に負けるなど、同時間帯1位は厳しい状況。

 TOKIO・松岡昌宏、KinKi Kids・堂本剛、嵐・相葉雅紀、NEWS・小山慶一郎と週替わりの『トーキョーライブ22時~ニチヨルまったり生放送中~』(テレビ東京系)は、安田の出演回の最低記録が1.5%(4月26日)、最高は4.9%(8月2日)という結果だった。

スマ仕込みと関西仕込みの一騎打ち

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. “消えたAKB48”河西智美は今
  13. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 新春ジャニオタ放談
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 他人の記事をパクるのはこんな人
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー