【うわさの会見場から】

「史上最低のイベント」大島優子、映画『ロマンス』の会見にブーイングが巻き起こったワケ

oosimaromance.jpg
映画『ロマンス』公式サイトより

 8月に公開された元AKB48・大島優子のグループ卒業後初の主演映画『ロマンス』。大島は小田急電鉄の特急ロマンスカーに乗務するアテンダント役を演じ、この夏はPRに奔走していたが、公開前に行われたイベントについて、記者たちの間で「史上最低のPRイベントだった」とブーイングが巻き起こったという。

「8月中旬に世田谷区で行われたイベントでは、舞台となるロマンスカーの車内で囲みインタビューが実施されたんです。しかし、この日イベントを仕切っていたのは配給や宣伝の会社ではなく、フリーでプロモーション活動する女性。この女性の段取りがことごとく失敗しており、イベントの開始時間が大幅に遅れるなど、スタート前から現場はかなり殺気立っていました」(芸能記者)

 当の大島本人は、現場でのピリピリムードなど知る由もなく、張り切って映画の宣伝に徹していたという。

「ところが問題となったのは、囲み取材がスタートする直前のこと。通常車両とは違い、ロマンスカーの通路部分は、人がすれ違うのもやっとの幅で、カメラをセッティングしたところでスペースがなくなってしまい、記者は囲み取材に参加できないことがアナウンスされました。当然、これだけでもクレームが殺到しましたが、スタッフは記者一同に対して『ボイスレコーダーの録音スイッチを入れて、こちらに預けてください』などと言い出したんです」(同)

 主催者側としては、何としてでもアテンダント衣装の大島が車内でインタビューを受けるイベントを行いたかったのかもしれないが、「取材に呼んでおいて取材を拒否する態度に、記者の怒りは爆発していた」(同)という。

「『録音された音声を元に、勝手に記事を書いてください』ということなのでしょうが、記者は『ふざけるにも程がある』と不満を漏らしていました。しかも、記者を追い出したところで、スペースはギリギリだったようで、センサーが反応して自動ドアが何度も開いてしまい、途中でスチールのカメラマンも退場させられていました」(同)

 大島とのやり取りは全てテレビ局スタッフが行ったというが、この話は芸能記者の間で語り草になってしまい、「中には『ボイスレコーダーを回収する前にロマンスカーが発車してしまい、後で回収に行った記者までいた』というウワサまで流れる始末。これを超えるひどいイベントは、今後なかなかお目にかかれないと思いますね」(同)とか。

 あるメディアの関係者は「もう二度とあの女性が仕切るイベントには行きたくない」と漏らしていたそうだが、配給やPR担当者には、今回の失敗を次回作のイベントにこそ生かしてもらいたいものだ。

マスコミ陣、優子よりプロモーションの女性に夢中

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  6. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  7. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  8. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  9. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  10. “消えたAKB48”河西智美は今
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  13. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  18. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ