芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

 米国ドラマ『デスパレードな妻たち』に、郊外の住宅地に暮らす奥さまが家計のために、ライブチャットサイトでセクシー配信する、というエピソードがありました。絵本作家で顔が広く、友人とも家族ぐるみでつき合うなど郊外ならではの濃い人間関係に身をおく彼女が、誰が観ているかわからないライブチャットで自分自身も自宅内部も晒してエロを提供するというのは、私の目には、いわゆる〈風俗〉よりよほどリスキーなものに見えました。

 でも、彼女にとってはきっと「こっちのほうが安全」なのですね。米国での性風俗といえばコールガールでしょうが、こちらは見知らぬ男性と部屋にふたりきりになり、じかに性的接触をします。その過程で起きうるトラブルは、いくつも想定できます。。暴行に性感染症……身体に深刻なダメージを受けることもありえます。アメリカと日本では性風俗にまつわる法律も違えば、それぞれのサービスにおけるシステムも違います。私はそこについての知識を持ちあわせていないのでこれ以上は掘り下げられません。が、ドラマを見たときの私は、性風俗において〈リアルな男性と会う〉と〈ネットで世界中に自分の姿をさらす〉と、どっちがより危険なのだろうと首をひねったのです。

 ということを思い出しながら、『ネット風俗嬢』(中山美里著、リンダパブリッシャーズ)を読みました。ライブチャットサイトを利用した性風俗の全体像に迫るルポルタージュで、1980年代の創始期にまでさかのぼってその変遷をひも解き、どんな女性が働いているか、稼げている女性はどんなタイプか、利用者はどんな男性か、女性たちに何を求めているか、どんな人たちが運営しているのか……などなど、取材に基づき業界全体を網羅した1冊です。

 オビには〈処女でも年収1000万円!〉とあります。なかなかに刺激的な惹句です。処女、ないし男性経験が少ない女性でも、というのはリアルな接触がない〈ネット風俗〉の特異性ゆえですが、そのぶんほかの性風俗よりサービス内容はライト。なのに1000万円稼げるといわれると、下世話な好奇心が刺激されます。「ネット風俗ってそんなに儲かるの? だったら私も……」と考えて手に取る女性も少なからずいるでしょう。

◎驚くほどの収入! だけど…

 代理店(=女性が通勤し、そこから配信するチャットルーム)を経営する男性の証言によると、「そこらへんの風俗より稼げる」「月100万円は難しくない」「普通にちゃんとやっていれば40~50万円は稼げる」というから、スゴイ世界です。ラクで、場合によっては自宅でもできちゃって、それでもって高収入なんて、夢のような話。でもそれだけに、かえってウマすぎる話のような気がしてきます。

 と思って読み進めると、やはり現実に稼げている女性はごく一部。自己プロデュース力がきわめて高いとか、チャットルームの管理人に素養を見抜かれるとか、何らかのアドバンテージがないと、そこまでの売れっ子にはなれないようです。後者の場合、お店が持っているノウハウをその女性につぎ込み、稼げる素材として育てあげてくれるのです。

 容姿よりも、コミュ力や頭の回転の早さ、場を読む力、自己プロデュース力が求められ、それが天性のものか教えこまれたものなのかはともかく、すべていかんなく発揮されれば売れっ子になり、そのぶん稼げる……というのは、このジャンルに限らずどの性風俗も同じでしょう。ただ、ネット風俗では顔出しをしない女性が多いことや、直接の性的刺激がないぶん、こうした無形の要素が人気をダイレクトに左右するようです。

 私が目を見張ったのは、チャットルームによる教育のきめ細やかさでした。女性の個性を見極め、その魅力を最大限引き出す見せ方を提案し(コスプレさせたり)、どのタイミングで何を言い何をすべきかを演出し、ことば遣いが汚い女性にはそれを正してあげ、日報を書かせてその女性の弱点を洗い出し、一緒に克服法を考えてあげる……。なんて、いたれりつくせり! 自分たちにお金を落としてくれる存在なのだから、管理側もそりゃ手をかけるよ、といってしまえばそれまでですが、この男性管理人の発言には端々から女性への思いやりが感じられます。

 実際、彼の話ではこうした指導を受けた女性たちはネット風俗嬢を辞めた後、「銀行や大手不動産会社など結構良いところに就職」していくそうです。それができない女性のためにも、エステサロンやスクールを運営していて、そこで手に職つけて卒業……という道まで用意しています。そして、彼女たちがネット風俗嬢として活動していくうえで抱えるリスクにも、この男性は細心の注意を払っています。

 性風俗にはリスクがつきもの、というのは私のような門外漢にもわかります。そしてネット風俗に特有のリスクが多いのも、想像がつきます。基本は顔出ししなくても、相手男性と1対1の2ショットとなったとき限定で見せる人もいるそうです。そうでなくても、何かの拍子に顔が写る可能性は低いとはいえありますし、そうなると個人が特定できてしまう場合だって当然ありますよね(身体の一部からの特定もできそう)。そうした配信動画を録画できるソフトなどもあるといいますから、つまりは流出の恐れもある……。

 大小さまざまのリスクは、上げればきりないでしょう。しかし、それらはすべて管理人男性の取材によって「それについてはこう対策しています」「予防しています」とフォローされていくのです。そこで紹介されるリスクが、安全性を強調するための材料となっているようで、やや怖い印象を受けました。

◎優良店以外は推して知るべし

 当然、それは〈取材に答えているこの管理人の運営するチャットルーム〉でのお話。このお店は大いに成功しているようですし、ここまで女性のことを考えてくれているのですから、そうとうな優良店なのは間違いないのでしょう。ネット風俗という風俗界の新たな潮流を紹介するにあたって、盛り上がっているお店の裏側を取材するのは当然のことです。本書では女性がほとんど稼げない、お店からのバックアップもないというケースも紹介されています。そうしたお店のリスク管理についての詳細はありませんが、おざなりにされていることは想像にかたくありません。

 「だったら私も」とちらっとでも思った女性の印象に残るのが、優良店のすてきな事例ではなくシビアな現実であってほしい、というのが、私が読後まず思ったことです。安全に働けるお店もあるけれど、そうでないところが非常に多いというのが、やはり現実でしょう。そして、優良店でもリスクを軽減はできてもゼロにはできません。

 これは日ごろ、AVについて話題になるときも思うことですが、何かAV業界のブラックな面が指摘されたとき、「いまどきAVメーカーもプロダクションもちゃんとした企業なんだから」「世間が思っているよりクリーン」という声がネット界隈でよくあがります。実際クリーンなところが大多数なのでしょうが、そうでないところも確実にあるはずです。クリーンさを強調されるほどに見えなくなるものがあるのではないか……という気がしてならないのです。

 もちろんそれは、読む側、受け取る側の判断に任せられたものです。とはいえ、ネット風俗嬢への垣根はほかの性風俗よりずっと低そうです。加えて本書でも、学費を自分で稼がなければならない学生や、生活のために少しでもお金がほしいシングルマザーの受け皿となっているという記述もありました。切羽詰まると人は判断能力を奪われますが、そんなときほどマイナス面の情報をスルーせずにちゃんと受け取ってほしい。性風俗とは遠いところにいる者の杞憂かもしれませんが、そう願ってしまうのです。

■桃子/オトナのオモチャ約200種を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。

関連記事
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!