石川敏男の芸能デスクレポート

TOKIO・国分太一の結婚で注目が集まる、「ジャニーズ結婚ラッシュ」の行方は?

kokubuntaichi03.jpg
永遠の「結婚間近」だと思ってた

 TOKIO・国分太一(41)が結婚を発表した。TOKIOから2人目の既婚者が誕生したことで、ジャニーズ事務所の都市伝説「グループに既婚者1人だけ」というルールに風穴が開いたのかもしれない(もちろん、事務所は、このうわさを全面的に否定している)。ジャニーズタレントの結婚を振り返ると、SMAPでは木村拓哉(42)が2000年11月に、V6では井ノ原快彦(39)が07年9月に、TOKIOでは山口達也(43)が08年3月に結婚。12年2月に結婚したKAT‐TUN(当時)の赤西仁(31)は“できちゃった婚”を事務所に事後報告したため、ペナルティをかけられ退社させられている。

 国分のお相手は、3歳年下の元TBS社員の腰原藍さん(38)だという。03年に国分が、司会を務めたバラエティ番組『探検!ホムンクルス~脳と体のミステリー~』で出会い、08年に交際がスタート。09年の雑誌インタビューで、「頭がいいですし、普通の心を持っている部分にひかれた」と、答えていたのが腰原さんのことだった。10年には、腰原さんが語学留学を理由にTBSを退社。このときから、結婚の約束はあったようだ。その長く続いた愛は7年の時を経て実ったことになる。

 国分は、この結婚をファンにメッセージカードを郵送するかたちで報告。そして、そのメッセージがファンに届く直前に会見が予定されていた。しかし、台風18号による各地での被害を重く見て、会見は延期に。このため、国分の結婚は、芸能マスコミよりも先にファンが知ることになった。

 「グループに既婚者は1人だけ」という都市伝説を打ち破った国分の結婚により、現在マスコミやファンの間で注目されているのが、「ジャニーズタレントの結婚ラッシュ」だ。メンバーの年齢を考えたら、これからは誰が結婚したって不思議じゃない。TOKIOのリーダー・城島茂(44)、V6・坂本昌行(44)、長野博(42)、SMAP・中居正広(43)らは、すでに40歳を超えており、SMAPの最年少である香取慎吾も38歳だ。

 その下の世代に当たる関ジャニ∞の最年長・横山裕も34歳、嵐も二宮和也、松本潤も32歳で、一般的には“結婚適齢期”と呼ばれる年頃だ。実際、熱愛のうわさがあるジャニーズの人気アイドルも少なくない。

 国分の結婚を「2~3日前に聞いて感動した」というジャニー喜多川社長は、「(結婚を)奨励すると言うわけにはいかない」と前置きしつつも、「適齢期になったら遠慮なく結婚すべきです。将来、子どもも必要だしね。人として当然のことです。ただ、自分の責任のもとで結婚するわけで“人気が落ちたりするのはプロダクションのせい”だと思うタレントなんていない。結婚は結婚として、本人を(自分を)認めながら信じながら、結婚するんじゃないですか。当たり前のことです。その上で我々は応援するだけです」とコメントしている。ジャニー社長の言葉で、ジャニーズアイドルの結婚ラッシュは本当に始まるのか? 注目が集まる。

ジャニーさんが許しても、メリーもジュリーもI女史もいるから

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク