そういえば付き合っていたこの2人

窪田正孝、多部未華子との熱愛続行も……『デスノート』大ブレークで“危険信号”!?

2015kubotamasa.jpg
スターダストプロモーション公式サイトより

 主演ドラマ『デスノート』(日本テレビ系)が、日曜午後10時半スタートという遅い放送枠ながら、最高視聴率16.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、最終回視聴率も14.1%と有終の美を飾った窪田正孝。これまでのドラマ出演では“名脇役”的位置づけだったものの、いよいよ本格的に主演級俳優へと成長することになりそうだ。またプライベートでは、かねてから交際が伝えられていた多部未華子と、現在も順調な関係を続けているという。

 両者の交際が初めて報じられたのは、2013年5月の「フライデー」(講談社)記事。2012年のドラマ『大奥~誕生[有功・家光篇]』(TBS系)で共演した2人はその後交際に発展し、同誌では、多部の自宅マンションを訪れ、朝帰りする窪田の姿がバッチリと撮られていた。

「多部は14年、一部で宅間孝行との熱愛が伝えられ、窪田とは『すでに破局した』とされていましたが、今年5月には『フラッシュ』(光文社)で再びお泊まり愛が報じられ、破局はガセだったと言われるようになりました」(芸能ライター)

 その後、両者の関係が公に伝えられることはなかったが、17日発売の「女性セブン」(小学館)では、2人が東京・代官山のカフェで同席していたと報じている。共通の友人の結婚式のためなのか、友人らとともにビデオメッセージを撮影する窪田と多部の姿は、「羨ましくなるくらい仲がよさそう」だったという。

「交際報道の当初は、多部の方がビッグネームでしたが、いまや窪田も負けず劣らずの存在。今年上半期の『ブレイク俳優ランキング』(オリコン調べ)でも、窪田は女性から圧倒的な支持を得て首位に。昨年の『花子とアン』(NHK)や『Nのために』(TBS系)、今年も『アルジャーノンに花束を』(同)など立て続けのドラマ出演で、『演技力が高い』と視聴者から高評価を受けていましたし、『デスノート』でも『怪演』が話題になるなど、若手演技派俳優の筆頭にまで成長しました」(同)

 さらに、人気者同士の熱愛ということで、双方ファンからは悲鳴が……と思いきや、この2人に関しては少々事情が違うようだ。

「2人とも女性ファンが多いためか、ネット上でも『お似合いの2人だと思う』『多部ちゃんだったら許せてしまう』など批判はほとんどない。驚くほどファンから好意的に受け止められているようです。ただ、窪田は、『デスノート』による大ブレークにより、近頃では宣伝やインタビューの時間も簡単にはつくれなくなっているそうで、多忙によるすれ違いから破局、とならなければいいのですが」(ワイドショースタッフ)

 売れっ子同士ながらファンから受け入れられるという、芸能界では珍しいカップルだけに、窪田と多部の今後の動向には注目が集まる。

マスコミは若者の恋愛に口はさむのが生きがいなのよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  11. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  12. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー