“結婚できない”は金になる

戸次重幸&吉澤ひとみ、“結婚できないキャラ”破綻に「ウソだったんだ」「やっぱりビジネス」

totugisigeyuki.jpg
戸次重幸公式プロフィールより

 大泉洋、安田顕などの個性派俳優5人で結成されている演劇集団「TEAM NACS」の一員である戸次重幸が10日、女優・市川由衣との結婚を発表した。“結婚できない” キャラとしてバラエティに引っ張りだこだったため、ネット上では「散々結婚できないって言われてたけど、結婚できてよかった!」といった祝福の声が上がる一方、「ついこの前も結婚できないキャラでテレビに出てたのに、ショック」「結婚しないと思ってた……」「バラエティで稼いで、さっさと結婚」などと、苦言と取れるコメントも出ている。

「戸次といえば、イケメンなのに重度の潔癖症、遅刻魔、オタク気質であることから“ミスター残念”と呼ばれてきました。掃除に関してはホコリひとつ見逃せないという神経質な一面を持ちつつ、その半面『撮影が楽しみで眠れなかった』という理由で大遅刻を犯すという“子ども”な一面も。こうした点から『結婚できないキャラ』が定着し、昨今テレビ露出を増やしていましたが、市川との交際歴は1年2カ月というだけに、『あのキャラは全部ウソだったんだ』という声が上がるのも当然かもしれません」(芸能ライター)

 また元モーニング娘。・吉澤ひとみも、昨年、結婚できないキャラで仕事をしていたものの、5日にIT関係の経営者との婚約を報告した。

「昨年5月、吉澤は『お嫁に行きたい女』として『ナカイの窓』(日本テレビ系)に出演。まだ存在しない子どもにつけたいという『愛富(あとむ)』などの独特すぎる名前を発表したり、趣味であるこれまた独創的な絵を披露したり、出演者からはドン引きされていました」(同)

 しかし、吉澤に関しては、「結婚できないキャラはウソだったのか?」といったネットユーザーの声はほぼ見当たらないようだ。

「そもそも吉澤の結婚できないキャラが世間に浸透していなかったからでしょう。モー娘。では、長年保田圭が『モテない』『結婚できない』キャラを担ってきましたが、彼女が結婚後、吉澤がそれを引き継いだんです。ただ正直、『仕事がなくて必死なんだろうな』という印象しかありませんでしたし、今回の婚約を聞いても『やっぱりビジネスだったんだな』と。吉澤は今後、主婦タレ、ママタレ転身を考えているかもしれませんが、モー娘。勢にはすでに、保田や辻希美がいますし、厳しいものがあるかもしれません。結婚できないキャラで一発当てられれば、また違ったんでしょうけどね」(芸能記者)

 近年、「芸能人の“不幸アピール”や“自虐”がバラエティでウケている。視聴者が『芸能人も大変なんだ』と共感したり、ホッとしたりするのでしょう」(同)というが、キャラを作りすぎてしまうのは、本人にとっては自分の首を絞めることになるかもしれない。

保田圭の高笑いばかりが聞こえる

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク