[官能小説レビュー]

「お医者さんごっこ」はなぜ楽しかったのか? 谷崎潤一郎『少年』に考える“子どもと快楽”

tanizaki_syonen.jpg
『谷崎潤一郎マゾヒズム小説集』(集英社)

 10歳前後の自分を思い返すと、大人になった今では背筋が震えるような思い出がいくつか蘇る。最もゾッとするのが「お医者さんごっこ」だ。
 
 幼い頃何も考えずに「お医者さん」と「患者」を演じ、友人である男の子の前で服をまくりあげたり触診するという「ごっこ遊び」を楽しんでいた人もいるのではないだろうか。また、ある程度分別がつく年齢になっても、いじめか遊びの境界がわからない程度に、友人をからかうことがあった。男子が女子のスカートをめくったり、男子同士であれば、ズボンを下ろしたり……。

 社会のルールにおいて、やってもいいことなのか、それともいけないことなのか。あの頃行った行為の理由は、今振り返ると純粋に「気持ちいい」からだったのだろう。今回は、そんな時代を思い出せる奇才・谷崎潤一郎の代表作『少年』を読み解いてみる。

 主人公の栄は、ごく一般的な10歳の少年。ある日、金持ちの坊ちゃんである同級生の信一に声を掛けられ、彼の自宅で開かれる祭りに招かれる。信一は、泣き虫で気が弱く、常に女中を傍に従えていることから、遊び相手が1人もいなかった。

 そんな彼が声を掛けてきた。よく見れば、やはり品のある容姿を持つ信一に「選ばれた」という喜びから、栄は彼の自宅に行くことになる。
 
 自宅に招かれた栄は、信一の振る舞いに驚く。甲高い声を上げ、姉である光子を涙ぐませるほど強気に振るまう信一は、普段学校で見かける臆病な姿など微塵も感じさせない。また、学校のガキ大将である仙吉をも家来のように扱っていた。愛らしい顔立ちをした信一は、普段後輩を虐めている仙吉に唾を吐きかけ、縛ったり叩いたりと、残酷な「遊び」に興じていたのだ。しかし翌日学校へ行ってみると、相変わらず仙吉は弱い者いじめをし、信一は運動場の隅で背を丸めていじけていた。

 信一の女中に声を掛けられ、再び彼の家に招かれることになった栄。そこには光子と信一、そして仙吉の姿があった。4人は不思議な「ごっこ遊び」を楽しむ。信一は栄と仙吉を犬とし足を舐めさせ、小刀で傷でつける。彼らは相手を痛めつけることに快楽を見出すが、ある日、いじめられ役であった光子は、とある秘策に出る――。

世界よ、これが日本の純文学である

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 新春ジャニオタ放談
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー