“セックス=人間学あるいは生物学上必要な処理”としか思わない私は変ですか?

●聖(19)

こんにちはKENJIさん、いつもコラム読ませていただいてます。

悩みというほどではないですが、KENJIさんに相談したいと思い応募しました。私は、12歳の初体験から中学卒業までずっとセックスまみれというか、性交の世界に入り浸ってました。後悔はしていません。むしろ早くから知識や経験を培えて嬉しく思ってます。

ただ、高校入学した頃から一気にセックスに興味がなくなり、今では“セックス=人間学あるいは生物学上必要な処理”と考えるようになりました。現在は大学に通いながら幼い頃からの夢に向けて学力、体力作りに没頭し、暇な時間は読書と充実した日々を過ごしています。

以前KENJIさんも書かれていたと思うのですが、自分好みの顔の男は全て観葉植物だと思っています。なので恋というものもしませんし、昔から祖父母や近親、仲の良い友達が亡くなっても、泣いたり、悲しいと思ったことはありません。薄情なんでしょうか? 稀にセックスしたくなっても、夜はなるべく勉強して早く寝たいので“一夜限りの関係”ならぬ“一昼限りの関係”もざらです。いや、ほぼそれです。

最近父の経営する会社で取引の勉強をさせてもらっているのですが、年齢を聞かれる機会が増え、自分はまだ19歳だったんだと気付きました。小学校からの友人は私を変質者扱いするのですが、最近私も同年代の人と比べたら変人なのかなと思います。KENJIさんに私はどう映っていますか? すごくサラダボウル的な内容になってしまいましたが、経験豊富なKENJIさんの意見が聞けたら嬉しいです。よろしくお願いします。

―――

聖さん
ごきげんよう。汚ブス研究家のKENJIよ。

アタシのコラムなんて読まなくていいから、読書を続けなさい!!!!
アタシにアナタがどう映っているかって?
「知らないわよ!!」

率直な印象は、ちょっぴりおませなお嬢様。
ついでに、クソ真面目なところが鼻につくってところかしら。

「サラダボール的な内容」ですって?
まだまだね。
アタシからしてみれば、ちゃんこ鍋ぐらいのボリュームがないと張合いがないわ。
そんなアナタには……

早速KENJI美ンタ!! ビターーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
「健康的なのはいいこと! ただ、上から目線になってはダメよ!!!」

12歳から性の世界に飛び込んで、いろんな体験をしたり見てきたと思うわ。
それでいて、今ではお父様の会社で取引の勉強までさせていただいているなんて……
恵まれすぎよ!
でもね、
そんなアナタは知らず知らずに、どんどん鼻が上向きになってしまい、人を見下すようになってしまうの。
同世代の人たちにとっては接しづらいのではないかしら?

アナタはね、とても賢いと思うの。
ただ、その賢さで失ってしまったものがあると思うわ。
そんなアナタにはこれよ!

KENJI美タミン注入〜!
「人の気持ちを理解する余裕を持つこと」

「パンがなければ、お菓子を食べればいい」なんてマリー・アントワネットのような発言をしていないかしら?
パンを買うお金のない人は、お菓子を買うお金もないことはわかる?
つまり、裕福が故に大切なモノを見落としてしまうこともあるの。
裕福な人って涼しい顔して、反感まで買ってしまうのね。
そんなアナタに逆に質問を投げかけるわ。

「自尊心って何だと思う?」

人によってさまざまな回答が出てきそうですが、
アタシは、「相手の気持ちをわかろうとする心を持つこと」だと思います。
困っている人がいれば、なぜ困っているのか考えてから手を差し伸べる。
この心がけや考え方って、人としてすごく必要なことではないかしら。
アナタは、自分よりも知識や経験の少ない人たちのことを深く考えたことはある?
アナタは、残念ながら変質者ではなく、幼い頃からいろんな経験を積みすぎた代償として、“内面ババ子”なだけよ!
たとえアナタがいろんなことを知っていたとしても、すべてを知っているわけではないわ。
アナタよりも知らないからこそ、賢くないからこそ浮かぶ発想もあるの。

何より気になるのは「悩みというほどではないですが」という言葉。
自分に自信を持つのはいいことだけど、「なぜ私に相談したいと思ったのか」考えなさい。
アタシは、少なからず悩んでなければココに投稿なさらないと思うわ~。

KENJI拝

■KENJI/年間400回以上の女子会をプロデュースし、内面汚(お)ブスの本音を炙り出す。おネエキャラでテレビ、雑誌、イベントMCなど多数活躍!高校、大学ではマナー講師も。FBS『クロ女子白書』(深夜0:54)レギュラー出演中/著書『女子会のお作法』(産学社)

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク