[ジャニーズ最新言行録]

V6・三宅、「俺が保証してやる」とHey!Say!JUMP・伊野尾に施した“ファン増加”の奥義

miyakeken.jpg
健ちゃんのアイドル指導は通常10万円~となっております

 V6とHey!Say!JUMPが初の2世代メインパーソナリティーを務め、8月22~23日に放送された『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)。番組内では障がいのある子どもたちと一緒に、生活の中にある道具を使って音を鳴らす「ストンプ」など、さまざまな企画に参加した彼らだが、その舞台裏をV6・三宅健が明かした。

 9月7日放送の『三宅健のラヂオ』(bayfm)では『24時間テレビ』について「次の日とかも、やっぱ(疲労が)尾を引くし、(コンサートの)リハーサルをやってても、なんかV6全員どんよりしてたもんね」と、振り返った三宅。「でも、そもそもなんで24時間も起きてなくちゃいけないんだろうな。俺、『24時間テレビ』の人にそれ聞けばよかった」と、番組の根本テーマを疑問視しつつも、「あれだけ濃い24時間って、普段の生活の中ではない」と語っており、貴重な1日になったことは間違いないようだ。

 そして、自身がセンターポジションを務めた23日夜のメイン企画「V6とJUMPと体の不自由な子ども達 響け!魂のリズム!心をひとつにつなぐストンプ」に関しては、Hey!Say!JUMP・岡本圭人が車椅子の子どもたちに向ける笑顔が「スゴイ優しいのよ」「これ、俺だったら惚れちゃうやつだなっていう。なんかね、スゴイ優しい顔をしてやっててさ。それがスゴイ印象的だったんだけど」と、後輩をベタ褒め。

 しかし一方、三宅は「ただただ、伊野尾(慧)だけは何もやってないっていうね。ビックリしたよ」と、切り出した。ストンプが始まってすぐの演奏場面で、前列のセンターに位置していた伊野尾は車椅子の子どもたちが叩く鍋の蓋を両手に持ち、首を左右に振りながらニコニコした笑顔でリズムに乗っていたが、これは三宅らV6メンバーのプロデュースによる仕草だとか。

 初めのストンプ練習でV6メンバーが「これ本番までに間に合わないだろ」と焦る中、スタッフによるデモンストレーションを見た際に「これ真ん中の人、誰?」「お猿のおもちゃみたいにチンドンチンドンやってる奴」「なんだ伊野尾、何もやってないじゃん!」という話になったそう。そのため、初めてHey!Say!JUMPと合同練習をしたときに、三宅、井ノ原快彦、岡田准一の3人が「もっと首を左右に振れ」と、伊野尾に指示したそうで……。

「『お前、ただあそこに座ってるだけじゃダメだよ』って。『あそこに座るんだったら、センターに座るんだったら、相当可愛くやらないとダメだぞ』って話をして。『お前、絶対に首を横にフリフリしたら、ファンの人が増えるから。それをやれ』って。『俺が保証してやる』って言ったの。で、最初なんか、スゴイ遠慮がちでやってるから『もっと堂々と、メトロノームになったつもりで首振れ』って。『お前が“チクタクだよ”って、そのぐらいのつもりでやらないとダメだ』って」

 と話すように、三宅はアイドルの先輩として伊野尾をみっちり“教育”したという。「アイツが可愛く見えたらそれで良いじゃんって話だよ」とまとめつつ、そんな苦労を伴いながらも「でも、言われたら『はい!』って言ってやるから、素直だよね」と、伊野尾の従順さは評価していた。

 また、22日に放送された『嵐にしやがれ』の「3世代ジャニーズ 真夏の生男子会しやがれ」については「生放送って難しいと思った。あと、やっぱり芸人さんいないと難しいな。芸人さんいてほしかったな~」と、率直な感想を吐露。放送前から「ジャニーズだけでやると、フワフワってしちゃうかな」と、ツッコミ役がいないことを懸念していたといい、番組内で話した「伊野尾が無礼すぎる」などのエピソードについて「伊野尾でも誰でもいいからさ、噛み付いてくるかなって思ったら、黙っちゃったからさ。“オイオイオイ!”って思ってさ」と、チクリ。ストンプをはじめ『嵐にしやがれ』でのトークについても、事前にイメージを膨らませ、自分なりに思慮していたようだ。

 先述の“首振り”について「あそこはファンの人たちには響いたのかな?」と気にしていた三宅だったが、実際に『24時間テレビ』を見たジャニーズファンからは「伊野尾さん首振り可愛すぎ」「伊野尾ちゃんの首フリフリ、ニコニコ笑顔にやられた」と、絶賛の声が続出していた。Hey!Say!JUMPには、こうした先輩からのありがたいアドバイスを忘れず、今後のアイドル業に生かしてほしいものだ。

伊野尾、アンタはまだまだかわいくなれる

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

V6・三宅、「俺が保証してやる」とHey!Say!JUMP・伊野尾に施した“ファン増加”の奥義のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! V6・ジャニーズのニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  2. 消えたタレント料理人たちは今
  3. 消えた“朝ドラヒロイン”女優はいま
  4. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  5. “クビ寸前”野球選手の女子アナ妻
  6. 田中萌アナ、同僚から「珍獣扱い」
  7. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  8. 自称「女に嫉妬される」婚外恋愛女性
  9. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  10. 神格化に疑問を感じる大物芸人は?
  11. 王道体位から刺激的体位、足ピンオナニー常習者まで…みんなが気持ちいいクンニ体位4選!
  12. 伊藤英明、異例セックス写真掲載のワケ
  13. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  14. 塀の中でもクスリの乱用はアリ?
  15. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  16. 叩かれた“主婦タレントの手料理”
  17. 『VS嵐』女子アナ出演で炎上
  18. 消えた女芸人・アジアン隅田美保は今
  19. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  20. Mattに願う、たった1つのこと

ジャニーズの人気記事

  1. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  2. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  3. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  4. 『VS嵐』女子アナ出演で炎上
  5. 映画『無限の住人』鑑賞券プレゼント

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  2. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  3. お下品なママサークルぶっ潰してやる!!
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!

海外ゴシップの人気記事

  1. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  2. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  5. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参