少女マンガじゃ物足りない!? ときめき&興奮に溺れる「ツンデレ男子」TLコミックはコレ

 皆さん、夏は思いっきり満喫しましたか? 短めに終わりがちな夏の恋もいいものですが、これから始まる涼しい季節に向けて、ちょっと真面目でしっとりとした恋もしてみたいものです。それも幼なじみや仕事のパートナーなど、絆が強い相手……しかも最初は喧嘩ばっかりで……などの王道ストーリーだったら最高じゃないですか? 今回はそんなツンデレから始まるTLコミックを2作品、ご紹介します。

「嘘!アイツが私の旦那様!~目覚めたら10年後の未来」

i700_1000×700_75589usoait1cl_1.jpg

 はるかは高校生。同級生の氷崎にひそかに片思いしているのですが、なかなか思いを伝えることができません。それにイライラしているのは、はるかと幼なじみで、いつも喧嘩ばかりしている健也でした。「玉砕覚悟で告白しろ!」と背中を押してくれた健也の言葉に刺激され、氷崎に告白しに走るはるか。しかし、その途中で階段から落ちてしまうのです。気を失ったはるかが目覚めた時、そこにいたのは知らない男。なんとなく見覚えのあるその男に、はるかはいきなりいきなりキスされてしまい……。

 目覚めたら10年後! という、今どきなかなか見ない2次元設定ですが、10年たっていい男に成長していた幼なじみが旦那様なんて素敵ですね。しかも2人の仲に歴史があるが故にますます刺激的に感じるラブシーンもいいものです。結末が気になる、少女マンガ的TLコミック。

「スーツを着た悪魔」

i700_1000×700_65575suutuw1cl_1.jpg

 恵は一応アパレル企業に勤めている、地味でダサくて冴えないOL。そんな恵の唯一の楽しみは、あこがれの部長にお茶を出すこと。ある日いつものようにお茶を出した恵は、部長がリーダーを務めるチームのデザイナー・松本に、チームに加わるよう提案されます。社内でもあこがれられるチームに入った恵は、陰口を叩かれたりと悩みますが、とりあえず歓迎会に参加することに。松本の家で行われた歓迎会で、酔い潰れた部長に恵は襲われてしまい……?

 散々主人公をバカにしながらも、距離をだんだんと近くしていく同僚に、とってもキュンキュンします。主人公の殻をいろんな意味で破ってくれた同僚くんですが、それも主人公と部長を近づけるためなんて……切ないけど意地を張っちゃうツンデレ具合もまた萌え要素です。

 「嘘!アイツが私の旦那様!~目覚めたら10年後の未来」「スーツを着た悪魔」は、ただいまめちゃコミックにて配信中。秋の夜長はTLコミックで、ツンデレ男子にときめいてみてはいかがでしょうか?

※この記事はPR記事です

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!