サイゾーウーマン勝手に調査団

テレビ局関係者、モデルらが明かす「煙たがられているゴリ押し若手女優」

2015nishiuchijake.jpg
「ありがとうForever…」/SONIC GROOVE

 芸能界の“ゴリ押し女優”といえば、剛力彩芽や武井咲ら、オスカープロモーション所属女優の名が挙げられていたものだが、近頃業界内では、別の若手女優の名が取り沙汰されつつあるという。そこで今回、テレビ局関係者や業務関係者らに、「最近のゴリ押し女優」を調査したところ、彼女たちが“煙たがられている”現状も明らかになった。

「パッと浮かぶのは、やっぱり佐野ひなこちゃん。福山雅治さんにラジオ番組で絶賛されてから、本人もかなり舞い上がっていたそうです。売り出し中の時に比べると、交友関係や金銭感覚も、だいぶ変わってしまったみたい」(女性モデル)

 “こじるり”こと小島瑠璃子と同じ、ホリプロ所属の佐野だが「こじるりちゃんは『普通のOLさんと同じくらい』とお給料の少なさを嘆いていたけど、ひなこちゃんだってそこまで違いはないはず。でも、最近のひなこちゃんの私服やバッグは、どう考えても20歳の女の子が買えないようなものばかり。女性タレントの間でも、『どうせパパでもいるんじゃないの?』なんて陰口を叩かれてます」(同)という。

 また、テレビ局関係者が「あからさまなゴリ押しで、かえって使いにくい」とこぼすのは、先日『王様のブランチ』(TBS系)の5代目女性司会者に抜擢された新川優愛だ。

「彼女のバックアップを担当しているのは、芸能界で強い権力を持つ、ケイダッシュ幹部のT氏。現在も『恋仲』『リスクの神様』(ともにフジテレビ系)と連続ドラマを掛け持ちしているし、今後もT氏のバックアップの下、大きな仕事が次々と決まっていくことでしょう」(同)

 そして現在放送中の『ホテルコンシェルジュ』(TBS系)で、プライムタイム連ドラ初主演を飾った西内まりやも、ゴリ押し女優の筆頭に挙げられるようだ。彼女の場合、ゴリ押しによる“天狗ぶり”も目につくという。

「所属事務所が甘やかしすぎてしまったため、調子に乗っているのでしょう。西内の事務所は、かつて安室奈美恵が所属していましたが、『安室が独立した今、稼げるタレントは自分しかいない』と、近頃では事務所幹部にギャラアップの交渉まで行っているそうです。『Seventeen』(集英社)の専属モデルとなって売り出し中の頃は、イベントなどにも積極的に登場していましたが、昨年末にレコード大賞で最優秀新人賞を受賞して以降は、大きな仕事でないとやる気を出さなくなってしまったとか。『ホテルコンシェルジュ』も、TBS側が頭を下げて、ようやく出演してもらったという話ですからね」(広告代理店関係者)

 いずれもドラマやバラエティの常連であることは間違いない3人だが、いつまでこのゴリ押しは続いていくのだろうか?

ゴリ押しをゴリ押しと思わせないこじるりのが黒い

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク