次期大統領の最有力候補!

冷徹なバリキャリながらもユーモアがあり、ちょっとダサい。ヒラリー・クリントンの最強伝説

HillaryClinton02.jpg
どエライ金持ちなのに、「私は中産階級の味方」という顔ができる厚かましさがヒラリーの魅力

 強烈な個性(髪型も含む)を放つ不動産王ドナルド・トランプが次期大統領選の共和党候補指名争いに出馬宣言したことで、ますます盛り上がってきた2016年アメリカ大統領選挙。ドナルドが隣国・メキシコを目の敵にするような過激な発言を連発できるのは、選挙資金をかき集める必要のない大富豪だから。誰にも気兼ねすることなく、自分のお金でやりたいようにやっているからである。

 1年以上も続く大統領選挙には多額の選挙資金が必要で、ほかの候補者たちにとって、資金集めが大きなハードルとなる。しかし、この3カ月で4,500万ドル(約55億円)を超える選挙資金を集めた、驚異的な候補者がいる。それは、4月に次期大統領選の民主党候補指名争いに出馬表明したヒラリー・クリントン。短期間で多額の資金を調達できるヒラリーはアメリカ国民から愛されている、という証拠でもある。ヒラリーは、「人々は私を信じるべきだし、信じている。選挙結果にもそれが反映されると確信している」と自信満々。その言葉の通り、多くのアメリカ人が彼女に厚い信頼を寄せているのである。

 ヒラリーがここまで熱狂的に支持されるのには、掲げる政策以外の理由も大きい。頭脳明晰で冷静、効率的に仕事をこなすサイボーグ的イメージがある一方で、ウィットに富み、人間くさい“おもしろエピソード”を多く持っているのだ。彼女の人間性に魅力を感じ、支持する人も少なくない。今回は、女性初のアメリカ大統領への期待を寄せられているヒラリーの伝説を紹介しよう。

1.「強い女」の英才教育

 繊維会社を営む家に生まれたヒラリー。彼女の母は専業主婦で、ヒラリーの原型ともいえる強い女性。ヒラリーが4歳のときにいじめに遭ったと泣いて帰ると、母親は「この家に弱虫が住む場所なんてないの。次に彼女が叩いてきたら、叩き返しなさい」とピシャリ。ヒラリーが、夫ビル・クリントンの度重なる浮気に傷ついていたときも、「離婚なんて考えるんじゃないわよ」と言ってのける母親が、ヒラリーの支えになったことは紛れもない事実だろう。

2.大学卒業式で政治家批判

 移民の子どもたちのベビーシッターをするなど、10代の頃から社会問題に目を向けてきたヒラリーは、優秀な成績でマサチューセッツ州の名門女子大、ウェルズリー大学に進学。テレビのクイズ番組『College Bowl』に出場するなど充実した大学生活を送り、卒業式では総代に選出され、卒業生としては初めて演説を任された。式では、同州連邦上院議員エドワード・ブルックの演説があったのだが、ヒラリーはその直後の自身の演説で彼を批判したために注目を浴び、米大手グラフ誌「LIFE」のインタビューを受けることに。白いブラウスに縦縞のズボンという、当時としてはファッショナブルないでたちで取材に応じたヒラリーは、「物おじしない才女」として全米に紹介された。

上昇志向が強すぎて、友だちにはなったらこっちが病みそう

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク