[ジャニーズ・メディアの裏側]

嵐・松本潤、来年1月期主演ドラマは「フジの大爆死枠」!? 芸能関係者が早くも不安視のワケ

matumossan.jpg
そんな悩ましげに見つめられたら違った意味で爆死しそう

 嵐の松本潤が、来年1月スタートの連続ドラマ『フラジャイル』(フジテレビ系)の主演に内定したと、「週刊女性」(主婦と生活社)が報じた。同作は、「月刊アフタヌーン」(講談社)で連載中のコミック『フラジャイル 病理医岸京一郎の所見』の実写化で、松本は病理医役を務めるというが、芸能関係者の間では、「フジの“大爆死枠”か……」と視聴率を不安視する声が出ているようだ。

 『フラジャイル』が放送されるのは、フジの水曜午後10時枠。「現在、第7話で3.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)まで視聴率が落ちてしまった『リスクの神様』が放送されている枠です。近年同枠は、全話平均視聴率6.6%の『心がポキッとね』、7.7%の『残念な夫。』など不作揃いで有名」(芸能記者)だという。

「昨年放送された、沢尻エリカ主演の『ファーストクラス』第2シーズンもこの枠でしたが、全話平均視聴率は6.6%で、午後11時10分から放送していた第1シーズンの8.0%を割るという事態に。第2シーズンの数字が伸びなかったのは、裏番組の『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)が16.0%と好調だったことが原因といわれていますが、それ以降フジと日テレの“水10対決”は注目を集めるようになりました」(同)

 『リスクの神様』もまた、日テレで放送されている『花咲舞が黙ってない』の高視聴率により、数字が低迷しているといわれているが、『フラジャイル』はフジの起死回生の一撃たる作品になるのだろうか?

「2014年1月放送の『失恋ショコラティエ』をはじめ、12年の『ラッキーセブン』、10年の『夏の恋は虹色に輝く』と、松本主演のフジドラマは伝統ある“月9”枠で放送されるのが定番でした。今回、苦戦を強いられている水曜午後10時枠に松本を起用したのは、フジがそれだけ彼に期待しているという証しでしょう」(同)

 しかしそんなフジの期待とは裏腹に、『失恋ショコラティエ』は全話平均視聴率12.3%、第5話では1ケタ目前の10.5%まで視聴率が低迷していたことも記憶に新しい。

「二宮和也が、14年に主演を務めた『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』(日本テレビ系)は、二宮ほか福士蒼汰、有村架純といった人気俳優を揃え、プロデューサーも『妖怪人間ベム』『銭ゲバ』『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』を手がけた河野英裕氏が務めたのですが、平均視聴率は9.8%でまさかの2ケタ割れ。これに対し、ジャニーズ事務所のジュリーが日テレのドラマ制作関係者に大激怒したという話も。『フラジャイル』もその二の舞いにならなければいいのですが……」(同)

 放送前から、波紋を呼んでいる松本主演『フラジャイル』。果たしてどのような結果を残せるのだろうか?

「Sorry,JUN」では済まされないよ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク